2004.03.09

【ACC2004速報】 高めの「適正」血圧は高血圧の発症リスク、100/70mmHg未満の維持がベスト

 高血圧予備軍には入らない収縮期血圧120mmHg以下、拡張期血圧80mmHg以下の「適正」血圧でも安心はできないようだ。大規模コホートの健診データを基にした後ろ向き研究の結果、適正血圧域でも血圧が高いほど将来の高血圧の発症リスクが高いことが分かった。3月7日のポスターセッション「高血圧:病態生理学とリスクファクター」で、Kaiser医療保険プログラムのShubha Ananthakrishnan氏が報告した(詳細はこちらへ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:323
  2. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:127
  3. 病院の敷地内に薬局が続々とできている理由 トレンド◎病院にとってはいいことずくめ?の「門内薬局」 FBシェア数:3
  4. いま書いてるの、もしかして「偽」の診断書? 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  5. インスリンポンプは胸の谷間に入れるもの!? 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:163
  6. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:123
  7. 乳児の便秘は2本印の綿棒による浣腸で 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:84
  8. 79歳男性。徐脈 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  9. 62歳女性。上背部痛と嚥下時痛、どう対応? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  10. 「女性医師余り」は進んでいく Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:47