2004.03.08

高めの「適正」血圧は高血圧の発症リスク、100/70mmHg未満の維持がベスト

 高血圧予備軍には入らない収縮期血圧120mmHg以下、拡張期血圧80mmHg以下の「適正」血圧でも安心はできないようだ。大規模コホートの健診データを基にした後ろ向き研究の結果、適正血圧域でも血圧が高いほど将来の高血圧の発症リスクが高いことが分かった。3月7日のポスターセッション「高血圧:病態生理学とリスクファクター」で、Kaiser医療保険プログラムのShubha Ananthakrishnan氏が報告した。

 Ananthakrishnan氏らは、Kaiser医療保険の加入者のうち、1978〜1985年に初期健診を受診し、1995年時点で加入し続けていた1万8576人を対象とした。開始時点で高血圧、高血圧の治療歴、脳卒中、冠状動脈疾患、糖尿病などの既往がある者は除外した。1995年から2000年の間に、高血圧と診断されたか高血圧の投薬を受けたのは1192人だった。

 これを基に、収縮期血圧100未満、拡張期血圧70未満を1とした時の開始時点の血圧による高血圧発症の相対リスクを求めた。その結果、収縮期血圧が100〜109の相対リスクが1.5、110〜119では1.7、拡張期血圧が70〜74では1.3、75〜79では1.8といずれも有意に高いことが分かった。

 さらに、収縮期血圧が110〜119mmHgの時の100mmHg未満に対する相対リスクと、拡張期血圧が75〜79mmHgの時の70mmHg未満に対する相対リスクを、対象者の属性別に求めると、年齢が低いほど高く、40歳以上では1.5であるのに対し、30歳未満では2.3倍と高かった。また、男性のリスクは女性の0.7倍、アジア人と黒人のリスクはそれぞれ白人の2.3倍、2.2倍と高かった。

 これらの結果からAnanthakrishnan氏らは、「いかなる血圧も高血圧前状態と見直すべきだ」と指摘した。将来の高血圧発症リスクを考慮した場合、若年における適正血圧は100/70mmHg未満とすべきであり、これを超える場合には、高血圧発症リスクを低減するため、密接なフォローアップとライフスタイル教育を実施する価値があるとしている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  2. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:530
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:253
  4. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:252
  5. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:303
  6. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:151
  8. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:39
  9. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:194
  10. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:154
医師と医学研究者におすすめの英文校正