2004.03.08

【ACC2004速報】 ワルファリンによる出血リスクに人種差、非白人は白人の2.3倍

 梗塞治療に関する大規模試験CARSのデータを解析した結果、ワルファリンの投与量が適切であるにもかかわらず発生する出血には、患者の属性が関与しており、INRの高い高年齢の非白人は出血リスクが有意に高いことが分かった。3月7日のポスターセッション「動脈硬化と血栓の治療」で、Duke大学医療センターのHenock Saint-Jaques氏が発表した。

 Saint-Jaque氏らは、心筋梗塞患者8803人に対して、アスピリン単剤投与とワルファリンと低容量のアスピリンの併用を比較した大規模二重盲検試験CARS(Coumadin Aspirin Reinfarction Study)において、1日3mgのファルファリン投与を受けた2913人を対象として、重大な出血の発生リスクと患者属性の関連性を解析した。重大な出血とは、頭蓋内出血か外科的処置を必要とする持続的な出血、血中ヘモグロビン濃度の2g/dl以上の低下、あるいは出血による死亡、視力低下、聴力低下のいずれかが発生した場合を指す。

 解析の結果、患者属性のうち、年齢(5歳上昇)は1.32倍、人種(非白人)は2.29倍の有意な相対リスク上昇をもたらした。一方、β遮断剤使用の相対リスクは0.45倍と有意に低く、出血に対して保護的に作用することが判明した。

 人種差について、Saint-Jaque氏は、「何らかの遺伝的要因が関与している可能性がある」としている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127