2004.03.08

ACC2004、米ニューオーリンズで開幕

 米ルイジアナ州ニューオーリンズのMorialコンベンションセンターで3月7日、「心血管医療の境界を超えて」をメインテーマに、米国心臓学会(American college of cardiology)の第53回年次学術集会(ACC2004)が開幕した。開催期間は3月10日までの4日間。事前登録分だけで約2万人の心臓専門医が参加する。

 今回のACCでは、心血管系の臨床試験の結果や途中経過を速報する「Late Breaking」セッションが5つ設けられ、計26本が発表されるのが目を引く。初日の7日には、シロリムス溶出ステントを標準的なステントと比較した無作為化試験の「SES-SMART」など、心再虚血に関する介入試験のセッションと、急性心筋梗塞の治療についての臨床試験のセッションが開催された。

 2日目の3月8日には、シークレットサービスによる厳戒態勢のなかで、米大統領夫人のLaura Bushによるキーノートスピーチが行われる予定になっている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3