2004.03.02

FDAが大腸直腸癌の治療に初の血管新生阻害薬を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は2月26日、転移性の大腸直腸癌の第一選択薬として、初の血管新生阻害薬Avastin (成分名:bevacizumab)を承認した。FDAによると、Avastinを大腸癌の標準的化学療法と併用することで、治療対象となる患者の生存期間を約5カ月延ばすことができたという。

 Avastinは、遺伝子組み換え技術によって作られたモノクロナール抗体。新たな血管形成を促す、血管内皮成長因子(vascular endothelial growth factor;VEGF)を阻害することで、腫瘍の成長に必要な、血液や酸素、その他の栄養素を遮断することができると考えられている。

 FDAによると大腸直腸癌は、米国で3番目に多い癌だという。2003年には、全米で約14万7500人が新たに診断を受けている。

 Avastinの製造元は、Genentech社(カリフォルニア州South San Francisco)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. あまりフレンドリーな医療者にならないようにしてい… 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:207
  2. 3歳女児。掌蹠に痒みを伴う多発性の水疱・膿疱 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:1
  3. 85歳女性、心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 医師の「肩書き」がモノを言うとき 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:110
  5. 「あれもイヤ、これもイヤ」にどう対応? うさコメント! FBシェア数:27
  6. ARB利尿薬配合剤と併用しない方がよい薬 医師のための薬の時間 FBシェア数:4
  7. 49歳男性。発熱 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  8. 凝固因子2つに結合する抗体が血友病治療に革命 奈良県立医科大学小児科学教室教授の嶋緑倫氏に聞く FBシェア数:23
  9. 糖尿病患者に癌の発症が多いワケ 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:216
  10. 美人尼の介護を受けた晩年の良寛 病と歴史への招待 FBシェア数:15
医師と医学研究者におすすめの英文校正