2004.03.02

FDAが大腸直腸癌の治療に初の血管新生阻害薬を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は2月26日、転移性の大腸直腸癌の第一選択薬として、初の血管新生阻害薬Avastin (成分名:bevacizumab)を承認した。FDAによると、Avastinを大腸癌の標準的化学療法と併用することで、治療対象となる患者の生存期間を約5カ月延ばすことができたという。

 Avastinは、遺伝子組み換え技術によって作られたモノクロナール抗体。新たな血管形成を促す、血管内皮成長因子(vascular endothelial growth factor;VEGF)を阻害することで、腫瘍の成長に必要な、血液や酸素、その他の栄養素を遮断することができると考えられている。

 FDAによると大腸直腸癌は、米国で3番目に多い癌だという。2003年には、全米で約14万7500人が新たに診断を受けている。

 Avastinの製造元は、Genentech社(カリフォルニア州South San Francisco)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130