2004.03.02

聖隷三方原病院、事故の教訓を生かし安全対策を徹底

 昨年10月、血管拡張剤リドカインの過剰投与で死亡事故を起こした聖隷三方原病院(静岡県浜松市)では、事故直後から、院長がリーダーシップを取り安全対策の徹底に取り組んでいる。同院で特徴的なのは、対策を立案し、職場に実施させ、それをチェックする「PLAN」「DO」「SEE」のシステムをしっかりと築き上げた点だ。

 人の入れ替わりが激しい医療機関で、安全対策を職場に浸透させることは簡単ではない。事故直後は、職員の安全に対する意識は高まるが、時間の経過とともに事故の教訓は風化してしまいがちだ。安全対策のマニュアルなどを定めても、それが継続的に職場で実践されなければ意味がない。

 そこで同病院では、安全対策を現場に任せきりにせず、院長や安全管理責任者が院内を定期的に回り実施状況をチェックする「医療安全パトロール」などを行っている。「安全対策を職場の風土として定着させる」(荻野和功院長)のが狙いだ(詳しくは、3月8日発売の日経ヘルスケア3月号「リポート医療事故に学ぶ(3)」に掲載)。    
(沖本健二、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ
  2. キャリアチェンジは成功だった?失敗だった? 医師1000人に聞きました FBシェア数:2
  3. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1840
  4. 見落としていませんか、先端巨大症 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:38
  5. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:153
  6. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:105
  7. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:10
  9. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  10. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:423