2004.03.02

聖隷三方原病院、事故の教訓を生かし安全対策を徹底

 昨年10月、血管拡張剤リドカインの過剰投与で死亡事故を起こした聖隷三方原病院(静岡県浜松市)では、事故直後から、院長がリーダーシップを取り安全対策の徹底に取り組んでいる。同院で特徴的なのは、対策を立案し、職場に実施させ、それをチェックする「PLAN」「DO」「SEE」のシステムをしっかりと築き上げた点だ。

 人の入れ替わりが激しい医療機関で、安全対策を職場に浸透させることは簡単ではない。事故直後は、職員の安全に対する意識は高まるが、時間の経過とともに事故の教訓は風化してしまいがちだ。安全対策のマニュアルなどを定めても、それが継続的に職場で実践されなければ意味がない。

 そこで同病院では、安全対策を現場に任せきりにせず、院長や安全管理責任者が院内を定期的に回り実施状況をチェックする「医療安全パトロール」などを行っている。「安全対策を職場の風土として定着させる」(荻野和功院長)のが狙いだ(詳しくは、3月8日発売の日経ヘルスケア3月号「リポート医療事故に学ぶ(3)」に掲載)。    
(沖本健二、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:331
  2. 名古屋市内で医療事務の従事者が麻疹発症 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:5
  3. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:57
  4. 指導医に教育してもらっても満足できない人へ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:62
  5. コミュニケーションの意外なきっかけ!! 病院珍百景 FBシェア数:21
  6. 出題形式、合否基準を熟知すると攻略法が見えてくる 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:30
  7. 整腸剤は保管しやすいミヤBMがお薦め 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:218
  8. ナースが外でついやってしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:87
  9. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:32
  10. 新専門医制度で専攻医の地域偏在は助長された? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-5》 FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正