2004.03.02

聖隷三方原病院、事故の教訓を生かし安全対策を徹底

 昨年10月、血管拡張剤リドカインの過剰投与で死亡事故を起こした聖隷三方原病院(静岡県浜松市)では、事故直後から、院長がリーダーシップを取り安全対策の徹底に取り組んでいる。同院で特徴的なのは、対策を立案し、職場に実施させ、それをチェックする「PLAN」「DO」「SEE」のシステムをしっかりと築き上げた点だ。

 人の入れ替わりが激しい医療機関で、安全対策を職場に浸透させることは簡単ではない。事故直後は、職員の安全に対する意識は高まるが、時間の経過とともに事故の教訓は風化してしまいがちだ。安全対策のマニュアルなどを定めても、それが継続的に職場で実践されなければ意味がない。

 そこで同病院では、安全対策を現場に任せきりにせず、院長や安全管理責任者が院内を定期的に回り実施状況をチェックする「医療安全パトロール」などを行っている。「安全対策を職場の風土として定着させる」(荻野和功院長)のが狙いだ(詳しくは、3月8日発売の日経ヘルスケア3月号「リポート医療事故に学ぶ(3)」に掲載)。    
(沖本健二、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:342
  2. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:461
  3. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1073
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:69
  5. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  6. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:9
  7. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:85
  8. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:475
  9. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:40
  10. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:7