2004.03.02

東京都医師会がMML機能搭載の電子カルテ機種を4月にも公表

 情報開示と地域医療連携を推進するためのプロジェクト「HOTプロジェクト」を進める東京都医師会は、会員に対し、推奨する電子カルテ機種を4月にも公表する。HOTはHealth of Tokyoの略で、都内の診療所や病院を電子カルテで結んで、医療連携や患者への情報提供を行おうというもの。これを実現するためには、個々の電子カルテの情報が共通の言語を介して相互にやりとりする必要がある。そこで東京都医師会では、データの標準交換規約MML(Medical Markup Language )への変換機能を搭載した電子カルテを会員に推奨する方針を決め、各ベンダーに説明、都医がテスト環境を提供する形で準備を進めてきた。

 東京都医師会理事で情報システムを担当する大橋克洋氏は日経ヘルスケア21のインタビューに対し、「テスト環境の整備がほぼ終了した。各ベンダーがそれを使ってテストをし、動作確認ができたものから機種を公表していく。予定では4月ころまでには2〜3機種は公表できるだろう」と話している。

 地域での医療連携に電子カルテを活用しようという地区医師会は全国にも多く、東京都医師会のこの試みへの関心は高い。今のところ、MML機能搭載機種はまだ少ないが、これで一気に増えていくかもしれない。

 なお、大橋克洋氏へのインタビューは3月8日発売の「日経ヘルスケア21」3月号に掲載される。  
(千田敏之、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1