2004.03.02

東京都医師会がMML機能搭載の電子カルテ機種を4月にも公表

 情報開示と地域医療連携を推進するためのプロジェクト「HOTプロジェクト」を進める東京都医師会は、会員に対し、推奨する電子カルテ機種を4月にも公表する。HOTはHealth of Tokyoの略で、都内の診療所や病院を電子カルテで結んで、医療連携や患者への情報提供を行おうというもの。これを実現するためには、個々の電子カルテの情報が共通の言語を介して相互にやりとりする必要がある。そこで東京都医師会では、データの標準交換規約MML(Medical Markup Language )への変換機能を搭載した電子カルテを会員に推奨する方針を決め、各ベンダーに説明、都医がテスト環境を提供する形で準備を進めてきた。

 東京都医師会理事で情報システムを担当する大橋克洋氏は日経ヘルスケア21のインタビューに対し、「テスト環境の整備がほぼ終了した。各ベンダーがそれを使ってテストをし、動作確認ができたものから機種を公表していく。予定では4月ころまでには2〜3機種は公表できるだろう」と話している。

 地域での医療連携に電子カルテを活用しようという地区医師会は全国にも多く、東京都医師会のこの試みへの関心は高い。今のところ、MML機能搭載機種はまだ少ないが、これで一気に増えていくかもしれない。

 なお、大橋克洋氏へのインタビューは3月8日発売の「日経ヘルスケア21」3月号に掲載される。  
(千田敏之、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161