2004.03.02

東京都医師会がMML機能搭載の電子カルテ機種を4月にも公表

 情報開示と地域医療連携を推進するためのプロジェクト「HOTプロジェクト」を進める東京都医師会は、会員に対し、推奨する電子カルテ機種を4月にも公表する。HOTはHealth of Tokyoの略で、都内の診療所や病院を電子カルテで結んで、医療連携や患者への情報提供を行おうというもの。これを実現するためには、個々の電子カルテの情報が共通の言語を介して相互にやりとりする必要がある。そこで東京都医師会では、データの標準交換規約MML(Medical Markup Language )への変換機能を搭載した電子カルテを会員に推奨する方針を決め、各ベンダーに説明、都医がテスト環境を提供する形で準備を進めてきた。

 東京都医師会理事で情報システムを担当する大橋克洋氏は日経ヘルスケア21のインタビューに対し、「テスト環境の整備がほぼ終了した。各ベンダーがそれを使ってテストをし、動作確認ができたものから機種を公表していく。予定では4月ころまでには2〜3機種は公表できるだろう」と話している。

 地域での医療連携に電子カルテを活用しようという地区医師会は全国にも多く、東京都医師会のこの試みへの関心は高い。今のところ、MML機能搭載機種はまだ少ないが、これで一気に増えていくかもしれない。

 なお、大橋克洋氏へのインタビューは3月8日発売の「日経ヘルスケア21」3月号に掲載される。  
(千田敏之、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172