2004.03.01

武田、糖尿病網膜症患者に対する大規模臨床試験「DIRECT」の患者登録を完了

 武田薬品工業は2月27日、同社とアストラゼネカが共同で実施している大規模臨床試験であるDIRECT(diabetic retinopathy Candesartan trial )の患者登録が完了したと発表した。30カ国の約300カ所の治験施設、計5238人の患者が参加することになる。

 DIRECTは、糖尿病網膜症に対するレニン−アンジオテンシン系阻害薬の効果をアウトカムとするプラセボ対照二重盲検試験で、試験対象の薬剤としてアンジオテンシンII受容体拮抗薬のカンデサルタンシレキセチル(一般名)が採用されている。血圧と腎機能が正常域にコントロールされている患者に対して、カンデサルタンシレキセチルの有効性を確認するため、カンデサルタンシレキセチル32mg投与群とプラセボ投与群を比較する。

 試験は以下の三つの独立した試験で構成されている。
1.1型糖尿病患者で網膜症を発症していない患者における発症予防
2.2型糖尿病患者で網膜症を発症している患者における進展抑制
3.2型糖尿病患者で網膜症を発症している患者における進展抑制

 DIRECTは2001年春に開始された。上記の個々の試験の被験者数は、上記1.の試験が1447例、同じく2.の試験が1884人、3.の試験が1907人。治験期間は3年間、結果の公表は2007年以降になるという。

 カンデサルタンシレキセチルは武田薬品が創製し、同社とアストラゼネカが共同開発した。国内では武田薬品が「プロプレス」、米国ではAstraZeneca社が「Atacand」の商品名で販売されている。

 DIRECTについての武田薬品のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:142
  2. NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」 FBシェア数:565
  3. 院長を落胆させた「即戦力新人」の仕事ぶり 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:2
  4. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  5. 米国医療に憧れる君へ 愛のハリセン FBシェア数:129
  6. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:69
  7. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:322
  8. その点滴を止めろ! DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:15
  9. 「誇大広告」とはいったい何だったのか? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  10. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0