2004.03.01

武田、糖尿病網膜症患者に対する大規模臨床試験「DIRECT」の患者登録を完了

 武田薬品工業は2月27日、同社とアストラゼネカが共同で実施している大規模臨床試験であるDIRECT(diabetic retinopathy Candesartan trial )の患者登録が完了したと発表した。30カ国の約300カ所の治験施設、計5238人の患者が参加することになる。

 DIRECTは、糖尿病網膜症に対するレニン−アンジオテンシン系阻害薬の効果をアウトカムとするプラセボ対照二重盲検試験で、試験対象の薬剤としてアンジオテンシンII受容体拮抗薬のカンデサルタンシレキセチル(一般名)が採用されている。血圧と腎機能が正常域にコントロールされている患者に対して、カンデサルタンシレキセチルの有効性を確認するため、カンデサルタンシレキセチル32mg投与群とプラセボ投与群を比較する。

 試験は以下の三つの独立した試験で構成されている。
1.1型糖尿病患者で網膜症を発症していない患者における発症予防
2.2型糖尿病患者で網膜症を発症している患者における進展抑制
3.2型糖尿病患者で網膜症を発症している患者における進展抑制

 DIRECTは2001年春に開始された。上記の個々の試験の被験者数は、上記1.の試験が1447例、同じく2.の試験が1884人、3.の試験が1907人。治験期間は3年間、結果の公表は2007年以降になるという。

 カンデサルタンシレキセチルは武田薬品が創製し、同社とアストラゼネカが共同開発した。国内では武田薬品が「プロプレス」、米国ではAstraZeneca社が「Atacand」の商品名で販売されている。

 DIRECTについての武田薬品のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:883
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:1
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:204
  5. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:214
  6. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:12
  8. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:238
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 典型画像が見えない敵、膵炎を除外するな! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:25