2004.03.01

武田、糖尿病網膜症患者に対する大規模臨床試験「DIRECT」の患者登録を完了

 武田薬品工業は2月27日、同社とアストラゼネカが共同で実施している大規模臨床試験であるDIRECT(diabetic retinopathy Candesartan trial )の患者登録が完了したと発表した。30カ国の約300カ所の治験施設、計5238人の患者が参加することになる。

 DIRECTは、糖尿病網膜症に対するレニン−アンジオテンシン系阻害薬の効果をアウトカムとするプラセボ対照二重盲検試験で、試験対象の薬剤としてアンジオテンシンII受容体拮抗薬のカンデサルタンシレキセチル(一般名)が採用されている。血圧と腎機能が正常域にコントロールされている患者に対して、カンデサルタンシレキセチルの有効性を確認するため、カンデサルタンシレキセチル32mg投与群とプラセボ投与群を比較する。

 試験は以下の三つの独立した試験で構成されている。
1.1型糖尿病患者で網膜症を発症していない患者における発症予防
2.2型糖尿病患者で網膜症を発症している患者における進展抑制
3.2型糖尿病患者で網膜症を発症している患者における進展抑制

 DIRECTは2001年春に開始された。上記の個々の試験の被験者数は、上記1.の試験が1447例、同じく2.の試験が1884人、3.の試験が1907人。治験期間は3年間、結果の公表は2007年以降になるという。

 カンデサルタンシレキセチルは武田薬品が創製し、同社とアストラゼネカが共同開発した。国内では武田薬品が「プロプレス」、米国ではAstraZeneca社が「Atacand」の商品名で販売されている。

 DIRECTについての武田薬品のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14