2004.03.01

【連載:がんの治療成績を読む】 その2 まちまち、ばらばらの開示度合い、患者に優しい「疾病、病期表示」を

 がんの罹患率と死亡率の激減を目指す「第3次対がん10カ年計画」。その中で、「地域がん診療拠点病院」(以下、がん拠点病院)が、10カ年計画の唱える「がん医療の均てん化」の中心となる役割を担っている。均てん化とは、高度な医療が日本で広くあまねく受けられるということを意味している。

 がん拠点病院は、「わが国に多いがん(肺がん、胃がん、肝がん、大腸がん、乳がん等)について、地域の医療機関と緊密な連携を図り、継続的に全人的な質の高いがん医療を提供する」とされている。現在、厚生労働省から87の病院が指定されており、今後、その数は2倍程度に増やされる見込みだ。

 がん拠点病院の要件として、情報提供体制の整備が含まれている。「拠点病院で構成する全国的な協議会(全国地域がん診療拠点病院連絡協議会=未設置)にがん患者の5年生存率等の情報を報告するなど、総合的ながん情報の収集提供に積極的に取り組むこと」がある。

 <表1>はすでに指定されている87施設とそのホームページのリストだ。実際にいろいろな病院のホームページを訪問してみていただきたい。各施設の情報開示度合いには大きなばらつきがあることが分かる。

 パターンとしては、
 1 がん治療成績について全く開示していない
 2 一部の診療科では開示しているデータがある
 3 詳しく開示している(ただし、診療科ごとに統一なし)
 4 病院で一元的に開示している
に分かれる。

 1や2に当たる施設は、がん拠点病院の指定を受けた以上、速やかな情報整備が求められる。

 3、4に当たる施設をピックアップしたのが<表2>である。こうした開示に前向きな施設でもその中身はかなり差がある。

 閲読者にとって快適に情報を見ることができるのが、星が丘厚生年金病院(大阪府枚方市)、高知県立中央病院(高知市)、大分県立病院(大分市)などだ。

 高知県立中央病院は、トップページに「がんの5年生存率」と大きな表示があり、がん成績に関する総合解説コーナーに進み、そこから疾病・病期別の表に導かれる構成。星が丘厚生年金病院も「トップページ―>専用目次―>疾病別の解説・成績」と分かりやすい設計。生存率が生存曲線で示されているのは見やすいが、生存率の数字の表記も添えられていると、なお良いだろう。大分県立病院は、情報量は多くはないが、主な疾病の病期別生存率を症例数と共に示し、簡潔に重要な部分を見せることに成功している。

 大阪府立成人病センターはトップページに大きな表示があり、治療成績のありかはすぐに分かる。だが、治療成績が一覧表になっておらず文章の中から探さなければならない。久留米大学病院のホームページは、詳しいがんの治療と成績についての解説を持っている。ただ、PDFファイルとなっているので不便な閲覧者もいるだろう。治療成績だけの表も掲載すると理解しやすい。九州がんセンターは診療科ごとに表記がまちまち。泌尿器科や乳腺外科では5年生存率が見当たらない。

 施設ごとに表現方法が異なると、患者をはじめとした閲覧者には理解が難しい。

 ホームページにおける開示については、下記のような改善が必要だろう。
1 ホームページに全く治療成績を掲載していない施設は早急な改善が求められる。
2 診療科ごとにばらばらな表記の施設は、院内で統一的な表記とする。
3 がん拠点病院の最低合意事項として、・トップページに「がんの生存率」の表示を置く・基本情報として大分県立病院のような形式(リンクhttp://www.oita-kenbyo.jp/annai/index_gan.html)でデータを開示する−−を決めることが望ましい。
4 施設ごとの創意工夫でさらに詳しい情報提供に努める。
5 がん拠点病院の成績開示度の進展状況を継続的にモニターする。

 次回からはホームページ開示情報から疾病別の5年生存率を読んでいこう。
(埴岡健一、日経メディカル
 
*随時掲載ですが、当面は毎日掲載する予定です。
*読者からの情報提供をお待ちしています。癌の治療成績に関するデータやご意見があれば、お寄せください。今後の連載の参考にさせていただきます。
宛先:khanioka@nikkeibp.co.jp

■<連載目次へ

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48