2004.02.27

【インフルエンザ速報】 京都・丹波の養鶏場でトリインフルエンザ発生の疑い、鶏1万羽が死亡

 京都府は2月27日朝、府内で高病原性トリインフルエンザを疑う鶏大量死亡があったことを発表した。

 大量死亡があったのは京都市の西北西35km、京都府中西部に位置する船井郡丹波町の採卵養鶏場で、2月20日頃から毎日1000羽、合計1万羽が死亡していたもの。京都府では船井郡八木町の南丹家畜保健衛生所と城陽市の中央家畜保健衛生所に検体を持ち込んで簡易テストを実施したところ、結果は陰性だったという。現在、中央家畜保健衛生所で簡易キットによる検査を実施しているほか、ウイルス検査も行う予定だという。

 本件は、26日午後7時頃に園部保健所と南丹家畜保健衛生所に鶏死亡を告げる匿名の電話が入り、深夜になって養鶏場の責任者と連絡がとれて事実が判明、27日午前1時頃に立ち入り検査を実施、午前4時頃に検査を開始するという慌ただしさだった。大量死亡が始まってから既に1週間以上が経過して初めて実態が判明したわけで、高病原性トリインフルエンザであるとすれば、被害の拡大が懸念される。通報が遅れた経緯については不明だが、迅速な通報を基にする防疫体制に不安を投げかける事件になった。

 本件に関する京都府のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 37歳男性の後頸部痛、見逃しNGの疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  2. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:226
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:95
  4. 癒し系ドクターの裏の顔 病院珍百景 FBシェア数:56
  5. <胸痛>後に持続する心窩部圧迫感をどう診る? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:41
  6. お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:49
  7. 専門医機構の内部資料が流出 ニュース追跡◎新専門医制度の持続のために必要なことは何だ? FBシェア数:255
  8. 職員の腕にタトゥー、報告を受けた院長の狼狽 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:102
  9. 心不全=利尿薬はもう古い!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:264
  10. 究極の問題? 患者の「死にたい」への対応法 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:126
医師と医学研究者におすすめの英文校正