2004.02.26

米国で薬にバーコード表示義務付け、投薬ミス防止狙う

 米国食品医薬品局(FDA)は2月25日、対象となる処方薬と一般用医薬品(OTC)について、バーコード表示の義務付けを決め、その最終規則を公表した。投薬ミスを減らすことと、ミス予防や作業の効率化によるコスト削減が狙い。

 この規則の対象となるのは、ほとんどの処方薬と医療機関で一般的に使われている一部のOTC。バーコードには、薬剤ごとに国で定めた薬剤コード番号が盛り込まれ、加えてロット番号や使用期限などが入力される場合もある。医療機関では、患者に自分の情報を入力したバーコード付腕輪をはめてもらい、薬を投薬するたびに薬と患者のバーコードをコンピュータに読み取り、薬の種類や患者に間違いがないかどうかなどを見極める仕組み。

 FDAによると、こうしたシステムを導入した医療機関では、投薬ミスを約85%減らすことができたという。また、退役軍人のための医療機関であるVeterans Affairs Medical Centerでは、同システムを使って570万用量の投薬を行い、投薬ミスは全く認められなかったという。

 FDAはこうした薬剤バーコードによる投薬システムが完全に導入されれば、20年間で予防できる投薬ミスなどは50万件近くに上り、またそれに関する医療コストとして約930億ドル削減できると予測している。

 同規則は、米国連邦政府公文書であるFederal Registerに印刷されてから、60日後に有効となる。それ以降にFDAの承認を受けた、今回の規制の対象となる薬については、承認後60日以内に、またそれ以前に承認を受けた対象薬については2年以内に、それぞれバーコードを表示しなくてはならない。

 詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2