2004.02.25

【インフルエンザ速報】 トリインフルエンザの緊急調査研究に感染経路の調査と病原性解析を追加

 環境省は2月24日、トリインフルエンザ対策の一環として農林水産省や厚生労働省を中心に進められている緊急調査研究に、ウイルスの感染経路と病原性解析を追加実施すると発表した。山口県に続いて大分県で発生した高病原性トリインフルエンザの流行が時間的、距離的に隔たりがあり、感染した鶏の飼われ方や種類が異なることから、ウイルス防疫に関する知見を高める目的で実施する。

 感染経路の調査については、大分県で分離されたウイルスのゲノム解析を行い、山口県など既知のウイルスと比較するほか、野鳥の飛来経路などを解析して、分離されたウイルスの起源を解明する。また、大分県で分離されたウイルスの鳥類とほ乳類における伝播の可能性と病原性を明らかにする。感染経路の研究は、動物衛生研究所と鳥取大学、財団法人の自然環境研究センターが、病原性解析は動物衛生研究所がそれぞれ担当する。研究費は合わせて2800万円程度を想定している。

 本件についての環境省のプレスリリースはこちらまで(一部pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84