2004.02.24

富山化学、ニューキノロン系抗菌点眼薬を韓国の東亜製薬に導出

 富山化学工業は2月23日、開発中の点眼用抗菌薬「TN-3262a」を韓国の東亜製薬に導出すると発表、2月19日に東亜製薬と契約を締結したことを明らかにした。今回の契約で富山化学は東亜化学に対して、韓国における開発・販売の独占的実施権を付与し、東亜化学は契約金を支払う。製品は富山化学が供給する。

 TN-3262aは、同社が創製したニューキノロン系の経口抗菌薬オゼックス(一般名:トシル酸トスフロキサシン)を点眼用にしたもので、富山化学とニデックが共同開発を進めて国内の臨床試験を終了しており、2004年第2四半期の製造承認申請を目指している。眼感染症の主な原因菌であるブドウ球菌やレンサ球菌、肺炎球菌などに対して強い抗菌力があり、既存の抗菌薬と比較してクラミジアに対する抗菌力が優れているという。国内ではニデックと大塚製薬に国内販売権が供与されている。

 この契約についての富山化学のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:94
  2. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:68
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
  4. 見逃してはならないクモ膜下出血 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:2
  5. 麻酔科専門医の要件「単一施設に週3日以上勤務」へ フリーランス麻酔科医への影響は? 2019年から要件追加、2年の猶予 FBシェア数:189
  6. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:315
  7. 「月1回訪問+オンライン」で在宅医療を効率化 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《4》 FBシェア数:26
  8. 肝細胞癌治療にパワーのある2次治療薬が加わる 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:29
  9. 冠静脈デバイスは冠虚血治療のラストリゾートか 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:30
  10. 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次… 学会トピック◎日本病院学会2018 FBシェア数:235
医師と医学研究者におすすめの英文校正