2004.02.23

薬剤師国試、「4+2年」制への受験資格は12年間の経過措置

 6年制学部のほか、4年制学部の併存も認められる方向となった薬学教育改革。薬剤師国家試験の受験資格は当面、学部6年を卒業した者と学部4年卒業者で一定条件を満たす修士課程2年を修了した者の双方に付与される見込みだが、法施行から12年後に、受験資格は6年制へ一本化されることが19日までに明らかになった。

 薬学教育をめぐっては今月18日、文部科学省の中央教育審議会が、「薬学教育の改善・充実について」の答申を文科相に提出。薬剤師養成のための薬学部の教育期間は、現行の4年から6年に延長することが適当としながら、薬剤師国家試験については、学部6年を卒業した者に加え、学部4年卒業者でも一定条件を満たす修士課程2年を修了すれば、受験資格を付与すべきとの見解をまとめた。

 これに対し、薬剤師国家試験を所管する厚生労働省では、あくまで6年制の卒業生のみに受験資格を認める方向で検討を進めてきた。だが、6年制の今国会での成立を目指す考えから、方針を転換。水面下で文科省サイドと調整を重ね、「4+2年」制への受験資格を改正法施行から12年の経過措置とするとの条件で、文科省と合意に達した。また、薬剤師法の本則には6年学部教育課程のみを規定し、4年学部教育課程は付則へ記載するほか、受験資格の付与は厚生労働大臣が個別に認定することにもなった。

 文科省および厚労省では現在、それぞれ関連法の改正案作りを急ピッチで進めている。今国会で成立すれば、改正法は2006年4月に施行される予定だ。
(庄子育子、日経ドラッグインフォメーション

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1054
  2. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:292
  3. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:432
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:16
  5. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:0
  6. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:62
  7. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:22
  8. 天井に届いた喀血 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:1
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:49
  10. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:56