2004.02.23

薬剤師国試、「4+2年」制への受験資格は12年間の経過措置

 6年制学部のほか、4年制学部の併存も認められる方向となった薬学教育改革。薬剤師国家試験の受験資格は当面、学部6年を卒業した者と学部4年卒業者で一定条件を満たす修士課程2年を修了した者の双方に付与される見込みだが、法施行から12年後に、受験資格は6年制へ一本化されることが19日までに明らかになった。

 薬学教育をめぐっては今月18日、文部科学省の中央教育審議会が、「薬学教育の改善・充実について」の答申を文科相に提出。薬剤師養成のための薬学部の教育期間は、現行の4年から6年に延長することが適当としながら、薬剤師国家試験については、学部6年を卒業した者に加え、学部4年卒業者でも一定条件を満たす修士課程2年を修了すれば、受験資格を付与すべきとの見解をまとめた。

 これに対し、薬剤師国家試験を所管する厚生労働省では、あくまで6年制の卒業生のみに受験資格を認める方向で検討を進めてきた。だが、6年制の今国会での成立を目指す考えから、方針を転換。水面下で文科省サイドと調整を重ね、「4+2年」制への受験資格を改正法施行から12年の経過措置とするとの条件で、文科省と合意に達した。また、薬剤師法の本則には6年学部教育課程のみを規定し、4年学部教育課程は付則へ記載するほか、受験資格の付与は厚生労働大臣が個別に認定することにもなった。

 文科省および厚労省では現在、それぞれ関連法の改正案作りを急ピッチで進めている。今国会で成立すれば、改正法は2006年4月に施行される予定だ。
(庄子育子、日経ドラッグインフォメーション

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「これって労災ですよね」 腰痛の職員が院長に要求 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:41
  2. 輸血拒否の患者に緊急輸血の必要が生じたら 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:4
  3. 90歳代女性。食欲低下、息切れ 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. 頭痛の問診を見れば医師の能力が分かる 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」 FBシェア数:56
  5. CKDガイドラインと整合性のあるJSH2019に 学会トピック◎第7回臨床高血圧フォーラム FBシェア数:52
  6. 術中に肉眼では分からない癌やリンパ節が光る リポート◎広がる蛍光ガイド手術 FBシェア数:104
  7. 脳内出血しやすい高齢者はこう見分ける リポート◎悩ましい高齢者への抗凝固療法 FBシェア数:100
  8. 医院の開設工事に着手、地中から出てきたのは… 開業の落とし穴 FBシェア数:40
  9. 専門医資格をとるメリットが分かりません 医学生座談会◎新専門医制度って何がしたいの? FBシェア数:3
  10. 医師に落ち度のない「事故」をどう収めるか なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:43
医師と医学研究者におすすめの英文校正