2004.02.23

日薬会長に中西氏が再選

 日本薬剤師会は2月21、22日の両日、東京都内で通常代議員会を開き、新会長に現職の中西敏夫氏(愛知県開局)を選出した。会長選挙には、中西氏と静岡県薬剤師会会長の石川達郎氏の2氏が立候補していたが、選挙の結果、有効投票数148票のうち、中西氏が過半数を超える95票を獲得した。落選した石川氏の投票数は53票だった。任期は4月から2年間で、中西会長は2期目となる。

 同氏は所信表明演説で、「これまでの任期期間中は規制緩和にせよ、薬学教育6年制にせよ、日薬は“守り”に徹していた。だが、これからは守るだけではなく、積極的に“攻め”の姿勢でいきたい」と強調。今後2年間の重点課題としては、特に来年4月に予定されている医薬品の分類見直しを挙げ、「日薬で検討したアイデアを厚生労働省に投げて、それで一緒に考えてもらうという方法をとりたい」と述べた。

 なお、6人が立候補していた副会長(定数5)には、児玉孝氏、秋葉保次氏、伊賀立二氏、漆畑稔氏、工藤義房氏の5氏が選出された。落選したのは佐村克己氏。選挙では工藤氏と佐村氏の獲得投票数がともに上から5番目の84票ずつであったことから、選挙規約に則って、最後は異例の「くじ引き」で決着が図られた。
(庄子育子、日経ドラッグインフォメーション

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1