2004.02.23

日薬会長に中西氏が再選

 日本薬剤師会は2月21、22日の両日、東京都内で通常代議員会を開き、新会長に現職の中西敏夫氏(愛知県開局)を選出した。会長選挙には、中西氏と静岡県薬剤師会会長の石川達郎氏の2氏が立候補していたが、選挙の結果、有効投票数148票のうち、中西氏が過半数を超える95票を獲得した。落選した石川氏の投票数は53票だった。任期は4月から2年間で、中西会長は2期目となる。

 同氏は所信表明演説で、「これまでの任期期間中は規制緩和にせよ、薬学教育6年制にせよ、日薬は“守り”に徹していた。だが、これからは守るだけではなく、積極的に“攻め”の姿勢でいきたい」と強調。今後2年間の重点課題としては、特に来年4月に予定されている医薬品の分類見直しを挙げ、「日薬で検討したアイデアを厚生労働省に投げて、それで一緒に考えてもらうという方法をとりたい」と述べた。

 なお、6人が立候補していた副会長(定数5)には、児玉孝氏、秋葉保次氏、伊賀立二氏、漆畑稔氏、工藤義房氏の5氏が選出された。落選したのは佐村克己氏。選挙では工藤氏と佐村氏の獲得投票数がともに上から5番目の84票ずつであったことから、選挙規約に則って、最後は異例の「くじ引き」で決着が図られた。
(庄子育子、日経ドラッグインフォメーション

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  2. 研修医が意識しておくべき最低限の心構えとは イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:240
  3. 45歳男性。自力で動けない。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  4. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:53
  5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:164
  6. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:102
  7. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:172
  8. 肺癌見落としで40代女性死亡、河北健診クリニック 河北医療財団「係争化はしていない。遺族と協議中」 FBシェア数:75
  9. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  10. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正