2004.02.18

【インフルエンザ速報】 H5N1感染者、確定例以外に約100人の疑い例を調査中、米CDCが明らかに

 米疾病対策センター(CDC)は2月13日に発表した感染症週報(MMMR)で、ベトナムとタイで高病原性トリインフルエンザウイルス感染が確認された23人(2月9日現在の数値、2月18日現在では29人)のほかに、約100人の疑い例患者について、CDCのほか、世界保健機関(WHO)や各国健康当局が精査を進めていることを明らかにした。これらの疑い例患者がH5N1陽性であることが判明すれば、H5N1によるヒト感染はこれまで考えられていたよりも高い頻度で発生していることになる。

 CDCの感染症週報2月13日号はこちらまで。(中沢真也)


■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:1
  2. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:41
  3. 39歳男性。両下肢のしびれ、痛み 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 立て続けにレセプト査定、今講じるべき対策は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:2
  5. ビギナーの助手は「術野展開」への専念が大切 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:15
  6. CKDの原因に便秘 便秘薬に腎保護作用 Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:4
  7. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:68
  8. 地裁が「パワハラで解雇は無効」 群馬大医学系研究科教授の懲戒解雇処分 FBシェア数:3
  9. 再発膀胱癌で生じた発汗、動悸、呼吸困難 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  10. 超拡大内視鏡とAIの活用で大腸癌リンパ節転移の予… 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:6