2004.02.17

【インフルエンザ速報】 大分県の死亡鶏はH5亜型の高病原性トリインフルエンザと確定 

 農林水産省は2月17日夕刻、つくば市の動物衛生研究所で鑑定を行っていた大分県の トリインフルエンザ疑い例について、H5亜型の高病原性トリインフルエンザウイルスの感染が確認されたと発表した。山口県などと同じH5N1であるかどうか、あるいは山口県で確認されたH5N1ウイルスと遺伝子の類似性があるのかどうかについては、まだ分析中だという。

 トリインフルエンザが発生したのは大分県中西部で熊本県に接する玖珠郡九重町で、チャボ13羽、あひる1羽が飼養されていた。2月16日に管轄の家畜保健衛生所から大分県にトリインフルエンザ疑い例発生の連絡があり、動物衛生研究所で死亡した鶏の検査が行われていた。

 既に飼養されていた14羽は全羽処分されているほか、初動防疫措置として、部外者の立ち入り制限と鶏舎の消毒などが実施されている。高病原性トリインフルエンザ確定に伴い、発生場所を中心とした半径30km以内の区域では、ただちに鶏などの家きん類や病原体を広げるおそれのある物品などの移動制限が実施されることになる。

 農林水産省のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 脳内出血しやすい高齢者はこう見分ける リポート◎悩ましい高齢者への抗凝固療法 FBシェア数:69
  2. 専門医資格をとるメリットが分かりません 医学生座談会◎新専門医制度って何がしたいの? FBシェア数:3
  3. 「神経内科」改め「脳神経内科」をよろしく! 日本神経学会代表理事の高橋良輔氏に聞く FBシェア数:370
  4. 3歳女児。掌蹠に痒みを伴う多発性の水疱・膿疱 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:1
  5. 医師に落ち度のない「事故」をどう収めるか なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:36
  6. 術中に肉眼では分からない癌やリンパ節が光る リポート◎広がる蛍光ガイド手術 FBシェア数:62
  7. 輸血拒否の患者に緊急輸血の必要が生じたら 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:0
  8. カマグ、アミティーザ、グーフィス、何を使う? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:145
  9. 糖尿病合併高血圧の降圧療法、第一選択薬は? 学会トピック◎第7回臨床高血圧フォーラム FBシェア数:34
  10. 85歳女性、心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正