2004.02.17

【インフルエンザ速報】 大分県の死亡鶏はH5亜型の高病原性トリインフルエンザと確定 

 農林水産省は2月17日夕刻、つくば市の動物衛生研究所で鑑定を行っていた大分県の トリインフルエンザ疑い例について、H5亜型の高病原性トリインフルエンザウイルスの感染が確認されたと発表した。山口県などと同じH5N1であるかどうか、あるいは山口県で確認されたH5N1ウイルスと遺伝子の類似性があるのかどうかについては、まだ分析中だという。

 トリインフルエンザが発生したのは大分県中西部で熊本県に接する玖珠郡九重町で、チャボ13羽、あひる1羽が飼養されていた。2月16日に管轄の家畜保健衛生所から大分県にトリインフルエンザ疑い例発生の連絡があり、動物衛生研究所で死亡した鶏の検査が行われていた。

 既に飼養されていた14羽は全羽処分されているほか、初動防疫措置として、部外者の立ち入り制限と鶏舎の消毒などが実施されている。高病原性トリインフルエンザ確定に伴い、発生場所を中心とした半径30km以内の区域では、ただちに鶏などの家きん類や病原体を広げるおそれのある物品などの移動制限が実施されることになる。

 農林水産省のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:342
  2. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:461
  3. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1073
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:69
  5. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  6. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:9
  7. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:85
  8. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:475
  9. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:40
  10. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:7