2004.02.17

【インフルエンザ速報】 大分県の死亡鶏はH5亜型の高病原性トリインフルエンザと確定 

 農林水産省は2月17日夕刻、つくば市の動物衛生研究所で鑑定を行っていた大分県の トリインフルエンザ疑い例について、H5亜型の高病原性トリインフルエンザウイルスの感染が確認されたと発表した。山口県などと同じH5N1であるかどうか、あるいは山口県で確認されたH5N1ウイルスと遺伝子の類似性があるのかどうかについては、まだ分析中だという。

 トリインフルエンザが発生したのは大分県中西部で熊本県に接する玖珠郡九重町で、チャボ13羽、あひる1羽が飼養されていた。2月16日に管轄の家畜保健衛生所から大分県にトリインフルエンザ疑い例発生の連絡があり、動物衛生研究所で死亡した鶏の検査が行われていた。

 既に飼養されていた14羽は全羽処分されているほか、初動防疫措置として、部外者の立ち入り制限と鶏舎の消毒などが実施されている。高病原性トリインフルエンザ確定に伴い、発生場所を中心とした半径30km以内の区域では、ただちに鶏などの家きん類や病原体を広げるおそれのある物品などの移動制限が実施されることになる。

 農林水産省のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176