2004.02.17

【インフルエンザ速報】 大分県で高病原性トリインフルエンザの疑い例

 農林水産省は2月17日、国内で高病原性トリインフルエンザを疑う事例が発生したと発表した。2月16日夜、家畜保健衛生所から大分県庁経由で農水省にトリインフルエンザの発生を疑う事例について連絡があり、現在、農業・生物系特定産業技術研究機構動物衛生研究所で、死亡鶏などの病性鑑定を行っている。最終的に高病原性トリインフルエンザと確認されれば、山口県に次ぐ2例目となる。

 疑い例が発生したのは、大分県玖珠くす郡九重ここのえ町。飼養状況は、チャボ13羽、あひる1羽の計14羽。

 既に、飼養鳥は、死亡したか検査のため全羽処分済みだ。対策としては、初動防疫措置として、発生場所について既に部外者の立入制限、鶏舎の消毒などを実施したという。

 最終的に高病原性トリインフルエンザと確認された場合には、発生場所の消毒、周辺における移動制限、疫学調査の実施など、必要な防疫措置をとることになる。

 なお、同省では「鶏卵、鶏肉を食べることにより、トリインフルエンザウイルスが人に感染することは世界的にも報告されていない」とし冷静な対応を呼びかけている。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0