2004.02.17

【インフルエンザ速報】 大分県で高病原性トリインフルエンザの疑い例

 農林水産省は2月17日、国内で高病原性トリインフルエンザを疑う事例が発生したと発表した。2月16日夜、家畜保健衛生所から大分県庁経由で農水省にトリインフルエンザの発生を疑う事例について連絡があり、現在、農業・生物系特定産業技術研究機構動物衛生研究所で、死亡鶏などの病性鑑定を行っている。最終的に高病原性トリインフルエンザと確認されれば、山口県に次ぐ2例目となる。

 疑い例が発生したのは、大分県玖珠くす郡九重ここのえ町。飼養状況は、チャボ13羽、あひる1羽の計14羽。

 既に、飼養鳥は、死亡したか検査のため全羽処分済みだ。対策としては、初動防疫措置として、発生場所について既に部外者の立入制限、鶏舎の消毒などを実施したという。

 最終的に高病原性トリインフルエンザと確認された場合には、発生場所の消毒、周辺における移動制限、疫学調査の実施など、必要な防疫措置をとることになる。

 なお、同省では「鶏卵、鶏肉を食べることにより、トリインフルエンザウイルスが人に感染することは世界的にも報告されていない」とし冷静な対応を呼びかけている。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051