2004.02.17

【インフルエンザ速報】 大分県で高病原性トリインフルエンザの疑い例

 農林水産省は2月17日、国内で高病原性トリインフルエンザを疑う事例が発生したと発表した。2月16日夜、家畜保健衛生所から大分県庁経由で農水省にトリインフルエンザの発生を疑う事例について連絡があり、現在、農業・生物系特定産業技術研究機構動物衛生研究所で、死亡鶏などの病性鑑定を行っている。最終的に高病原性トリインフルエンザと確認されれば、山口県に次ぐ2例目となる。

 疑い例が発生したのは、大分県玖珠くす郡九重ここのえ町。飼養状況は、チャボ13羽、あひる1羽の計14羽。

 既に、飼養鳥は、死亡したか検査のため全羽処分済みだ。対策としては、初動防疫措置として、発生場所について既に部外者の立入制限、鶏舎の消毒などを実施したという。

 最終的に高病原性トリインフルエンザと確認された場合には、発生場所の消毒、周辺における移動制限、疫学調査の実施など、必要な防疫措置をとることになる。

 なお、同省では「鶏卵、鶏肉を食べることにより、トリインフルエンザウイルスが人に感染することは世界的にも報告されていない」とし冷静な対応を呼びかけている。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
  2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
  3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
  4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
  5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
  8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
  9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
  10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79