2004.02.17

【インフルエンザ速報】 大分県で高病原性トリインフルエンザの疑い例

 農林水産省は2月17日、国内で高病原性トリインフルエンザを疑う事例が発生したと発表した。2月16日夜、家畜保健衛生所から大分県庁経由で農水省にトリインフルエンザの発生を疑う事例について連絡があり、現在、農業・生物系特定産業技術研究機構動物衛生研究所で、死亡鶏などの病性鑑定を行っている。最終的に高病原性トリインフルエンザと確認されれば、山口県に次ぐ2例目となる。

 疑い例が発生したのは、大分県玖珠くす郡九重ここのえ町。飼養状況は、チャボ13羽、あひる1羽の計14羽。

 既に、飼養鳥は、死亡したか検査のため全羽処分済みだ。対策としては、初動防疫措置として、発生場所について既に部外者の立入制限、鶏舎の消毒などを実施したという。

 最終的に高病原性トリインフルエンザと確認された場合には、発生場所の消毒、周辺における移動制限、疫学調査の実施など、必要な防疫措置をとることになる。

 なお、同省では「鶏卵、鶏肉を食べることにより、トリインフルエンザウイルスが人に感染することは世界的にも報告されていない」とし冷静な対応を呼びかけている。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:172
  2. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 75歳女性。構音障害、左共同偏視 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:648
  5. コデイン類含有製剤、12歳未満は禁忌に まずは「重要な基本的注意」で注意喚起、2019年から全面禁忌 FBシェア数:292
  6. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:101
  7. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  8. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:69
  9. 末梢神経障害へのエパルレスタットに要注意 セキララ告白!個別指導 FBシェア数:74
  10. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:217