2004.02.17

【糖尿病学の進歩から】 糖尿病治療のイメージが悪すぎる

 「食事がまずい」「好きなものが食べられない」「糖尿病の治療がきつい」「面倒くさい」−−。糖尿病診療の現場では、こうした患者の不満を耳にすることが少なくない。「たいした病気ではない」「どうせコロッと死ぬつもり」など、病気に対する認識の甘さも、治療の大きな壁となりうる。2月6、7日に福岡で開催された糖尿病学の進歩で、九州大学医学部付属病院医療情報部の中島直樹氏は、「糖尿病治療のイメージが悪すぎる」点が糖尿病診療の大きな課題の一つであると訴えた。

 「糖尿病診療の変革 糖尿病診療におけるIT利用と情報の標準化」と題して登壇した中島氏は、福岡市医師会−九州大学医学部付属病院共同プロジェクト「セキュリティと標準化を重視した福岡市糖尿病電子カルテネットワーク」の取り組みについて紹介した。

 糖尿病診療においてもIT化が進んできているが、中島氏は「ネットワークとしての情報共有化は進んでいるとは言い難い」と指摘。施設や個人でのいわゆる「点」では情報が蓄積しているものの、診療情報としての流通は遅れているとの現状認識を示した。その上で、共有化が進まない最大の理由は診療情報の「標準化の遅れ」であるとし、診療情報の共有を図るための標準規格の重要性を強調した。

 日本医療情報学会では、診療情報交換指針(MERIT-9)と医療情報システム開発センターが作成した「電子保存された診療情報交換のためのデータ項目セット(J-MIX)」を使って、糖尿病診療の情報交換のためのミニマムデータセットを作成している。中島氏らは、こうしたデータセットを用いて実証研究を重ねているわけだが、その中で患者の視点での情報提供が必要であることも浮かび上がっている。「糖尿病治療のイメージが悪すぎる」との指摘は、糖尿病診療最前線からの警鐘と受け止めていいだろう。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161