2004.02.17

【糖尿病学の進歩から】 糖尿病治療のイメージが悪すぎる

 「食事がまずい」「好きなものが食べられない」「糖尿病の治療がきつい」「面倒くさい」−−。糖尿病診療の現場では、こうした患者の不満を耳にすることが少なくない。「たいした病気ではない」「どうせコロッと死ぬつもり」など、病気に対する認識の甘さも、治療の大きな壁となりうる。2月6、7日に福岡で開催された糖尿病学の進歩で、九州大学医学部付属病院医療情報部の中島直樹氏は、「糖尿病治療のイメージが悪すぎる」点が糖尿病診療の大きな課題の一つであると訴えた。

 「糖尿病診療の変革 糖尿病診療におけるIT利用と情報の標準化」と題して登壇した中島氏は、福岡市医師会−九州大学医学部付属病院共同プロジェクト「セキュリティと標準化を重視した福岡市糖尿病電子カルテネットワーク」の取り組みについて紹介した。

 糖尿病診療においてもIT化が進んできているが、中島氏は「ネットワークとしての情報共有化は進んでいるとは言い難い」と指摘。施設や個人でのいわゆる「点」では情報が蓄積しているものの、診療情報としての流通は遅れているとの現状認識を示した。その上で、共有化が進まない最大の理由は診療情報の「標準化の遅れ」であるとし、診療情報の共有を図るための標準規格の重要性を強調した。

 日本医療情報学会では、診療情報交換指針(MERIT-9)と医療情報システム開発センターが作成した「電子保存された診療情報交換のためのデータ項目セット(J-MIX)」を使って、糖尿病診療の情報交換のためのミニマムデータセットを作成している。中島氏らは、こうしたデータセットを用いて実証研究を重ねているわけだが、その中で患者の視点での情報提供が必要であることも浮かび上がっている。「糖尿病治療のイメージが悪すぎる」との指摘は、糖尿病診療最前線からの警鐘と受け止めていいだろう。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:162
  2. 病像の変化で糖尿病腎症から糖尿病性腎臓病に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《5》 FBシェア数:177
  3. 五輪でドーピング…主訴「薬を盛られた?」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:119
  5. 外科医の寿命を延ばすロボット手術が保険適用に 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:166
  6. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:72
  7. 一過性の意識消失で救急搬送された80歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  8. 肝臓癌で余命半年と宣告された認知症患者 短期集中連載◎重度の認知症患者を診るということ(3) FBシェア数:36
  9. 血糖管理は点から線へ、FGMで変動を調べよ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《6》 FBシェア数:36
  10. 主な癌の5年生存率を国際比較 Lancet誌から FBシェア数:28
医師と医学研究者におすすめの英文校正