2004.02.17

DPC導入後の在院日数 最も短いのは慶応大の15日、全体では3.1日短縮

 2月13日に開催された厚生労働省の中央社会保険医療協議会で、急性期医療のDPC(診断群分類)に基づく包括評価を導入した計82病院における、2003年7〜10月の在院日数の状況が公表された。在院日数が最も短かったのは慶応大の15日、一方、最長は鳥取大の24.1日だった。82病院の平均では19.3日で、前年同期(2002年7〜10月)と比べると3.1日短縮した。最も短縮したのは新潟大の7.9日、これに対して鳥取大では2.6日増加した。
 
 DPCに基づく包括評価は、2002年度から、大学病院本院、国立がんセンター、国立循環器病センターの82病院で導入された。さらに2004年4月から2006年3月までの間、昨年7〜10月にDPCの調査に協力した全国92の医療機関のうち、データ数/病床数の比がおおむね3.5以上であるなど、データの質が担保できる病院での試行開始が決定している。

 これらの調査協力機関と、大学病院等でのデータの比較から、より詳細なDPCの影響分析ができるようになると期待される。(橋本佳子、日経メディカル)

*DPC導入のメリット、デメリットなどについて、何かご意見があれば、medical@nikkeibp.co.jpまでお願いします。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  2. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  3. オペ時の血糖はやはり7%まで下げるべき? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:85
  4. 21歳女性、突然の腹痛の原因は心臓にあった! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:35
  5. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:31
  6. 潰瘍性大腸炎に初の体外診断薬、その実力は? リポート◎再燃の早期発見に威力、内視鏡検査の頻度を減らす効果も FBシェア数:7
  7. 自分の家で、この子を抱きしめて川の字で寝たい 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:128
  8. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:180
  9. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  10. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:503