2004.02.16

中国製サプリ服用で肝機能低下などの副作用、シルデナフィル類似成分検出

 福島県と厚生労働省は2月13日、個人輸入された中国製サプリメントを分析したところ、勃起機能改善薬であるクエン酸シルデナフィルに似たヒドロキシシルデナフィルが検出されたと発表した。

 ヒドロキシシルデナフィルが検出されたのは、福島県内の35歳の男性が中国・上海から個人輸入した「三便宝カプセル」という濃い青色のカプセル剤。1月20日に県内の医療機関から福島県に、服用した男性が腹痛、嘔吐、下痢などの症状を呈し、肝機能が著しく低下しているとの報告があったため、福島県衛生研究所と国立医薬品食品研究所で分析を行ったところ、ヒドロキシシルデナフィルが検出されたもの。男性の症状と成分の因果関係については明らかでないが、服用にyほる健康被害のおそれが否定できないため、服用者に対して、服用の中止と医療機関の受診、保健所への連絡を求めている。

 厚生労働省では、ヒドロキシシルデナフィルを摂取した場合、クエン酸シルデナフィルと同じく勃起機能改善作用を持つ代謝物が生成されるとみなしている。医薬品であるクエン酸シルデナフィルに類似の構造を持つことから、同省は無承認無許可医薬品として、分析方法などを都道府県宛てに通知し、回収などの措置を要請するという。

 福島県のプレスリリースはこちら、厚生労働省のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127