2004.02.12

【インフルエンザ速報】 H5N1感染のベトナム姉妹、再報告でもヒト型ウイルス遺伝子の混入なし

 ベトナムでヒト−ヒト感染が疑われている症例の報告に別人の検査データが紛れ込んでいた問題で、世界保健機関(WHO)は2月11日、再調査の結果、当初発表と同じく、ヒトインフルエンザウイルスの遺伝子が混入した形跡はなかったと発表した。これは、新婚夫妻と夫の妹2人が高病原性トリインフルエンザ(H5N1)に感染し、鶏への接触が確認されていない一人について、家族からのヒト−ヒト感染が疑われていたもの。結果的には心配されていたH5N1のヒト型への変異がまだなかったことが確認されたことになる。

 WHOでは同日、H5N1に関する国際的サーベイランスのガイドラインを発表した。英文25ページからなるガイドラインでは、H5N1ヒト感染の確定診断についての定義、WHOへの報告様式、ヒト−ヒト感染を検出するための感染パターン監視法などを掲載している。

 世界保健機関(WHO)が2月11日に発表したH5N1流行速報第21報はこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051