2004.02.12

【インフルエンザ速報】 H5N1感染のベトナム姉妹、再報告でもヒト型ウイルス遺伝子の混入なし

 ベトナムでヒト−ヒト感染が疑われている症例の報告に別人の検査データが紛れ込んでいた問題で、世界保健機関(WHO)は2月11日、再調査の結果、当初発表と同じく、ヒトインフルエンザウイルスの遺伝子が混入した形跡はなかったと発表した。これは、新婚夫妻と夫の妹2人が高病原性トリインフルエンザ(H5N1)に感染し、鶏への接触が確認されていない一人について、家族からのヒト−ヒト感染が疑われていたもの。結果的には心配されていたH5N1のヒト型への変異がまだなかったことが確認されたことになる。

 WHOでは同日、H5N1に関する国際的サーベイランスのガイドラインを発表した。英文25ページからなるガイドラインでは、H5N1ヒト感染の確定診断についての定義、WHOへの報告様式、ヒト−ヒト感染を検出するための感染パターン監視法などを掲載している。

 世界保健機関(WHO)が2月11日に発表したH5N1流行速報第21報はこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人工呼吸器の中止はモルヒネによる緩和ケア後に インタビュー◎集中治療における終末期医療の日米の違いを考える FBシェア数:146
  2. 頭に何かできました。もしかしてガンですか? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:29
  3. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:50
  4. スポーツ貧血治療、実は結構気を遣うんです あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:28
  5. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:79
  7. 幻肢の痛みをバーチャルリアリティーで癒す トレンド◎幻肢痛の治療最前線 FBシェア数:94
  8. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:119
  9. 実は一番厄介なセンター国語対策をどうすべきか 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:5
  10. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1984
医師と医学研究者におすすめの英文校正