2004.02.10

【インフルエンザ速報】 ベトナム姉妹間のヒト−ヒト感染検査結果、一人分は別人のもの、調査は継続中

 世界保健機関(WHO)は2月9日、ヒト−ヒト感染が疑われていたベトナムの23歳と30歳の姉妹から採取されたウイルスがいずれもヒトインフルエンザ由来の遺伝子を持っていなかったと報じられた件について、姉妹の一方とされた検査結果は別人のものだったと発表した。もう一方の遺伝子シーケンス検査は現在進行中だという。

 WHOは併せて、ベトナムで新たに3人が高病原性トリインフルエンザ(H5N1)陽性が確定したと発表した。いずれもホーチミン市の病院に収容された。3人のうち、6歳の小児と24歳の男性は2月3日に死亡、23歳の男性は治療を受けている。ベトナムでH5N1陽性が確定したのはこれで累計18人になった。そのうち13人が死亡している。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051