2004.02.09

VTE(静脈血栓塞栓症)最前線、国際肺塞栓症シンポジウムin仙台より−−日経CME

 下肢の静脈中に生じた血栓などが原因で発生する肺塞栓症(PE)−−。時には患者が死亡するケースもある疾患だが、以前は日本人の発症リスクは低いと認識されていたため、医療関係者における認知度もまだ十分なレベルではない。治療だけでなく予防の面でも、欧米諸国に遅れを取っているのが現状だ。

 2003年11月に開催された「国際肺塞栓症シンポジウム in 仙台」には、国内外から静脈血栓塞栓症(VTE)の治療と予防の専門家たちが集まり、診療現場で取るべき予防措置や治療法、疫学データなどについて議論を行った。

 同シンポジウムにおいて、「日本におけるPEの発症頻度は現在のところ、欧米諸国に比べまだ低いものの、年々増加してきている」「PEの死亡率は日本の方が欧米諸国より高い」といった報告があったように、PEやその発症原因の一つである深部静脈血栓症(DVT)への早急な対応を求められている。また、早くからVTE予防に取り組んできた医師らから、一般外科や整形外科、産婦人科などにおける科目別の予防対策も紹介された。(日経メディカル開発

■詳しくは、日経メディカル(2004年2月号)同封別冊の「日経CME」をお読み下さい。

■日経CME
 日経CME(Continuing Medical Education)は、日経メディカルに同封して発行されている別冊です。特定のテーマを深く掘り下げて、医師の生涯教育に役立つ学術情報を提供しています。詳しくはこちらへ

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256