2004.02.09

FDA、悪性胸膜中皮腫で初の治療薬を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は2月5日、初めての悪性胸膜中皮腫の治療薬、Alimta (成分名:pemetrexed disodium)を承認した。シスプラチンと一緒に用いるもの。悪性胸膜中皮腫は稀な癌で、FDAによると、米国では約2000人が毎年新たに診断を受けるという。

 448人の患者を対象に行った治験では、Alimtaとシスプラチンを併用した群と、シスプラチンのみを投与した群とを比較した。その結果、Alimta投与群の方が、生存期間が30%(約3カ月)長かったとしている。

 悪性胸膜中皮腫の発症は、主にアスベストへの被爆歴に関連している。アスベスト繊維が、肺の内膜や胸壁に入り込み、腫瘍の形成を促すという。

 なおAlimtaは、FDAのオーファンドラックとして承認を受けている。米国では、対象となる症状の患者数が20万人未満の治療薬は、オーファンドラックとして保護され、承認を受けた製薬会社は7年間に渡り単独販売をすることができる。Alimtaの販売元は、米Eli Lilly and Company社(インディアナ州Indianapolis)。

 詳しくは、FDAによるニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:144
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:96
  5. 貯金?最悪!元本保証の呪縛から解き放たれよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  6. 「落ちこぼれ研修医が後輩に対してメンツを保つには… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:4
  7. 新専門医制度、8月の専攻医募集開始に向け運用細則… 大都市の5都府県は定員に上限 FBシェア数:54
  8. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:7
  9. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  10. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1837