2004.02.06

【インフルエンザ速報】 トリインフルエンザ、インドネシアで広範に発生、2000万羽以上が感染疑い 

 インドネシア農業省が2月3日付けで国際獣疫事務局(OIE)に報告したところによると、インドネシアでは高病原性トリインフルエンザ(H5N1)感染が深刻な広がりを見せている。同国は東西5000km、南北1700kmの範囲に1万7000を超える島が集まった国家だが、このうち、首都ジャカルタ市があるジャワ島、カリマンタン島、スマトラ島、バリ島などの計127カ所で流行が発生していることが確認されている。感染疑いがある家きんは2020万羽とされ、470万羽が既に死亡しているという。

 殺処分については報告されていない。同国には、マレーシア、シンガポール、ブルネイ、フィリピン、オーストラリアなどの各国が近接しており、今後の感染拡大が懸念される。同国は、人口が約2億人と中国、インドに次ぐアジア第3の多人口国家でもあり、今後、鶏との接触によるトリ−ヒト感染にも警戒の必要がありそうだ。

 OIEへのインドネシアの報告は、こちらを参照。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:367
  2. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:8
  3. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:232
  4. 小型植え込み心電計が小型すぎてヤバい 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:226
  5. 意識の高い大学は新「大学入学共通テスト」をどう見… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:2
  6. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:10
  7. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:6
  8. 低体重者のOGTT、血糖上昇は生理的反応を含む 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:2
  9. 映画を通じて麻酔科医の仕事をより理解してほしい 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:10
  10. ペレックスの指導で垣間見た指導官の思い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:26