2004.02.06

【インフルエンザ速報】 トリインフルエンザ、インドネシアで広範に発生、2000万羽以上が感染疑い 

 インドネシア農業省が2月3日付けで国際獣疫事務局(OIE)に報告したところによると、インドネシアでは高病原性トリインフルエンザ(H5N1)感染が深刻な広がりを見せている。同国は東西5000km、南北1700kmの範囲に1万7000を超える島が集まった国家だが、このうち、首都ジャカルタ市があるジャワ島、カリマンタン島、スマトラ島、バリ島などの計127カ所で流行が発生していることが確認されている。感染疑いがある家きんは2020万羽とされ、470万羽が既に死亡しているという。

 殺処分については報告されていない。同国には、マレーシア、シンガポール、ブルネイ、フィリピン、オーストラリアなどの各国が近接しており、今後の感染拡大が懸念される。同国は、人口が約2億人と中国、インドに次ぐアジア第3の多人口国家でもあり、今後、鶏との接触によるトリ−ヒト感染にも警戒の必要がありそうだ。

 OIEへのインドネシアの報告は、こちらを参照。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:67
  2. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:188
  3. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:136
  4. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:425
  5. 三十六回の手術の末 安楽死を選んだフロイト 病と歴史への招待 FBシェア数:137
  6. STEMをねらえ! Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:18
  7. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:19
  8. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:81
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:11
  10. インスリンポンプは胸の谷間に入れるもの!? 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:215