2004.02.06

【インフルエンザ速報】 トリインフルエンザ、インドネシアで広範に発生、2000万羽以上が感染疑い 

 インドネシア農業省が2月3日付けで国際獣疫事務局(OIE)に報告したところによると、インドネシアでは高病原性トリインフルエンザ(H5N1)感染が深刻な広がりを見せている。同国は東西5000km、南北1700kmの範囲に1万7000を超える島が集まった国家だが、このうち、首都ジャカルタ市があるジャワ島、カリマンタン島、スマトラ島、バリ島などの計127カ所で流行が発生していることが確認されている。感染疑いがある家きんは2020万羽とされ、470万羽が既に死亡しているという。

 殺処分については報告されていない。同国には、マレーシア、シンガポール、ブルネイ、フィリピン、オーストラリアなどの各国が近接しており、今後の感染拡大が懸念される。同国は、人口が約2億人と中国、インドに次ぐアジア第3の多人口国家でもあり、今後、鶏との接触によるトリ−ヒト感染にも警戒の必要がありそうだ。

 OIEへのインドネシアの報告は、こちらを参照。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:45
  2. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:49
  3. 死亡診断「肺炎」の7割が直接の死因は衰弱や老衰 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:119
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  5. 高齢者肺炎の嚥下機能を簡単に評価できるスケール開… 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:143
  6. 「施設」ってこんなに種類があるの!? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:50
  7. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:6
  8. 3点だけ押さえたい、新研修医・ナースへの接し方 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:6
  9. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:30
  10. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1