2004.02.04

【インフルエンザ速報】 トリインフルエンザ、ベトナムで新たに3人が検査陽性、計13人に

 世界保健機関(WHO)は2月3日、ベトナム保健省からの報告として、新たに3人がH5N1検査陽性と判明したと発表した。

 陽性と判明した3人は、18歳の男性と19歳の男性、それに20歳の女性。このうち、18歳の男性はホーチミン市の病院で2月2日に死亡した。中部後地帯では初のH5N1陽性者となった。19歳男性と20歳女性はハノイ市の病院に入院した。男性は退院したが、女性はまだ入院中だという。

 ベトナムでは全国64郡のうち、52郡に鶏の感染が広がっている。WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:28
  2. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:56
  3. 85歳女性。尿バッグの変色 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:5
  4. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:290
  5. ナースが外でついやってしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:79
  6. 日本脳神経外科学会がNCDから離脱したワケ 非手術症例も登録する独自データベースの運用を開始 FBシェア数:59
  7. 13歳女児。増大傾向にある肝病変 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  8. 色好みの秀吉に女を世話した侍医 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  9. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:170
  10. H2ブロッカー:ガスター人気の拡大続く NMO処方サーベイ FBシェア数:69
医師と医学研究者におすすめの英文校正