2004.02.04

【高血圧治療に関する調査】その3 第一選択薬の系統、循環器内科医を中心にARBが大幅増

 MedWave「高血圧治療に関する調査」では、降圧薬について第一選択薬の系統を尋ねたが、循環器内科を中心にA2受容体拮抗薬(ARB)を選択する医師が大幅に増加していることがわかった(図)。



 調査では、α遮断薬、β遮断薬、ACE阻害薬、Ca拮抗薬、ARB、利尿薬を示し、第一選択薬としてどの系統を選択しているのかを尋ねた。

 循環器内科医(n=97)の41.2%が第一選択薬としてARBを挙げた。前回調査(第2回)から8.8ポイントの増加だった。

 前回調査ではCa拮抗薬、ACE阻害薬、ARBがほぼ3分の1だったが、今回はARBが第1位に躍り出た格好だ。Ca拮抗薬はほぼ横ばいだったが、ACE阻害薬の比率は低下した。

 その他の内科医では、Ca拮抗薬が51.9%で依然として半数以上を占めていた。ARBは31.4%で、前回調査と比較して2.1ポイントの増だった。

 その他の医師では、ACE阻害薬が前回から7.3ポイント減で半数を割った。ARBは26.9%(前回20.4%)に増え、Ca拮抗薬を逆転した。(三和護)

 調査概要はこちらへ


― (PR) ――――――――――――――――――――――――――――――――
「医薬品マーケティング調査◇降圧薬の採用・評価の実態」を提供

「高血圧治療の実態調査(第3回)」がまとまりました。銘柄別の分析結果とリポート(CD-ROM付き)につきましては、マーケティングデータとして製薬企業を対象に販売致します。詳細は以下へお問い合わせください。
■〒102-8622 東京都千代田区平河町2-7-6
日経BP社 医療局広告(担当:柴谷、電話:03-5210-8036、
FAX:03-5210-8321、 E-mail nm-ad@nikkeibp.co.jp )
――――――――――――――――――――――――――――――――――(PR)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130