2004.02.04

200ナノリットルの血液で血糖値測定できる検査用チップ、産官学連携で製品化へ

 既存製品の数分の1から数十分の1の200 nl(ナノリットル)という微量な血液で安定に血糖値を測定できる検査用チップの開発が産官学連携で進められている。順調に行けば2005年春にも商品化される見通しだ。東京工科大学と独立行政法人の産業技術総合研究所、住友電気工業の3者が2月3日に発表した。

 新たに開発するチップの最大の特徴は、1回のプロセスで製造できる点にある。従来のチップは印刷、型抜き、積層など3〜4プロセスが必要で、コストや特性安定化に問題があった。測定に要する血液量を減らすためには、少量の血液を安定して一定量だけ導入する回路が必要だが、複数プロセス方式では工程を重ねるたびにずれが加わるため、誤差が大きくなるという問題点があった。

 1プロセス方式の採用で、既存の測定チップでは0.6〜10μlだった必要血液量を世界最小の200nlに抑えることができた。血液量を減らすことで、1年間に500〜700回も測定が必要な糖尿病患者の苦痛を軽減できる。測定は電気化学的な方式で、計測時間は15秒程度だという。

 価格も安くなった。既存チップの販売価格は200円程度だが、新チップでは国内価格が100円程度になる見通しだ。開発を指揮している東京工科大学バイオニクス学部長の軽部征夫氏は、「糖尿病治療に要するコストの3分の1を血糖測定用センサーが占め、糖尿病患者数の急増によって年率10%以上の成長が見込まれる。有望市場であると同時に新チップ投入による医療費削減効果も高い」という。

 開発グループでは、1プロセスによるチップ製造という基本特許を取得できる見通しとしており、今後、DNAチップ、プロテインチップ、各種センサーなど幅広い応用が期待できるとしている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:170
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:31
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 FBシェア数:7
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:24
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:85
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  7. そのまま、動かすな! 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:9
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム 大学と市中病院が連携、研究と臨床を学ぶ場を提供 FBシェア数:108
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:112
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例 日本小児アレルギー学会が「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 FBシェア数:5