2004.02.04

200ナノリットルの血液で血糖値測定できる検査用チップ、産官学連携で製品化へ

 既存製品の数分の1から数十分の1の200 nl(ナノリットル)という微量な血液で安定に血糖値を測定できる検査用チップの開発が産官学連携で進められている。順調に行けば2005年春にも商品化される見通しだ。東京工科大学と独立行政法人の産業技術総合研究所、住友電気工業の3者が2月3日に発表した。

 新たに開発するチップの最大の特徴は、1回のプロセスで製造できる点にある。従来のチップは印刷、型抜き、積層など3〜4プロセスが必要で、コストや特性安定化に問題があった。測定に要する血液量を減らすためには、少量の血液を安定して一定量だけ導入する回路が必要だが、複数プロセス方式では工程を重ねるたびにずれが加わるため、誤差が大きくなるという問題点があった。

 1プロセス方式の採用で、既存の測定チップでは0.6〜10μlだった必要血液量を世界最小の200nlに抑えることができた。血液量を減らすことで、1年間に500〜700回も測定が必要な糖尿病患者の苦痛を軽減できる。測定は電気化学的な方式で、計測時間は15秒程度だという。

 価格も安くなった。既存チップの販売価格は200円程度だが、新チップでは国内価格が100円程度になる見通しだ。開発を指揮している東京工科大学バイオニクス学部長の軽部征夫氏は、「糖尿病治療に要するコストの3分の1を血糖測定用センサーが占め、糖尿病患者数の急増によって年率10%以上の成長が見込まれる。有望市場であると同時に新チップ投入による医療費削減効果も高い」という。

 開発グループでは、1プロセスによるチップ製造という基本特許を取得できる見通しとしており、今後、DNAチップ、プロテインチップ、各種センサーなど幅広い応用が期待できるとしている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で中小病院を「優遇」…病床減らす? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  2. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:246
  3. 46歳男性。皮下硬結を伴う褐色斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 専門医の更新は?メスを置いた後でもOK? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-2》 FBシェア数:14
  5. 「透析中の精神疾患は見捨てる」で良いのですか その死に誰が寄り添うか−精神科単科病院にて FBシェア数:27
  6. 糖尿病治療のEvidence-Based Med… 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:81
  7. 搬送された「意識障害」の年齢別原因と転帰 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:16
  8. 7%の減量で本当に脂肪肝が治るか検証してみた 記者の眼 FBシェア数:155
  9. 入局せずPhDも取らなかった12年目消化器外科医… 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:125
  10. IBSの病態自覚を促すアプリを作りました 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:79
医師と医学研究者におすすめの英文校正