2004.02.04

【新刊のお知らせ】 研修医必携 救急医療実践マニュアル

 日経メディカルは、このほど「研修医必携 救急医療実践マニュアル」を出版いたしました。

 本書は小誌で15年連載した「メディクイズ救急】」から、実践に役立つ症例を多数掲載・加筆し、加えて、第一線の臨床現場の先生方に解説を書き下ろしていただいたものです。監修は、堤晴彦氏(埼玉医科大学総合医療センター高度救命救急センター教授)と小野一之氏(独協医科大学救命救急センター助教授)にお願いしました。

 本書の特徴は、疾患別の構成ではなく、「熱がある」「頭が痛い」「お腹が痛い」など、救急医療でよく遭遇する患者の主訴から、“危ない疾患”を見極めるノウハウを分かりやすく説明した点です。これだけ数多くの症例を掲載したのは、類書に例をみないと思います。さらに、「目の奥に入ってしまったコンタクトレンズの取り方」「鼻出血の止目方」など、救急の現場ですぐに使えるコツも満載しております。
 
 ご購入は、最寄りの書店か、オンラインショップMEDICALI-AN)まで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:45
  2. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:49
  3. 死亡診断「肺炎」の7割が直接の死因は衰弱や老衰 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:119
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  5. 高齢者肺炎の嚥下機能を簡単に評価できるスケール開… 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:143
  6. 「施設」ってこんなに種類があるの!? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:50
  7. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:6
  8. 3点だけ押さえたい、新研修医・ナースへの接し方 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:6
  9. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:30
  10. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1