2004.02.03

【インフルエンザ速報】 ベトナムでH5N1ヒト−ヒト感染疑いの家族感染、WHOは調査継続の必要性を強調 

 世界保健機関(WHO)は2月2日、先にヒト−ヒト感染の可能性もあり得るとしたベトナムの家族についての追加情報を発表した。感染が発生したベトナムThai Binh省の一家は31歳の男性とその二人の姉妹で23歳と30歳の女性、男性の妻で28歳の女性の4人。このうち、妻を除く3人が死亡している。23歳と30歳の姉妹はH5N1の検査陽性が確認されたが、男性とその妻については、検査は実施されていない。

 彼らは、男性と妻の結婚式の準備のために年末に集まり、男性と姉妹のうち一人が、1月4日に調理のために鴨をさばいていたことが判明している。しかし、妻と姉妹の他の一人が、鶏などに接触しなかったかどうかは明らかではないという。また、二人の姉妹は、先に発病した兄の看病に当たったことが判明している。

 こうした経緯からWHOは、ため、ヒト−ヒト感染を選択肢の一つとして想定したもの。鳥との接触や鶏糞などによる環境からの感染の可能性も否定できないと強調している。現地の保健当局からは、4人を除く家族や男性の診療に当たった医療関係者、結婚式の参加者などには異常は見られたという報告はないという。WHOでは個々のH5N1感染症例について、調査継続の必要性を強調している。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180