2004.02.03

【インフルエンザ速報】 ベトナムでH5N1ヒト−ヒト感染疑いの家族感染、WHOは調査継続の必要性を強調 

 世界保健機関(WHO)は2月2日、先にヒト−ヒト感染の可能性もあり得るとしたベトナムの家族についての追加情報を発表した。感染が発生したベトナムThai Binh省の一家は31歳の男性とその二人の姉妹で23歳と30歳の女性、男性の妻で28歳の女性の4人。このうち、妻を除く3人が死亡している。23歳と30歳の姉妹はH5N1の検査陽性が確認されたが、男性とその妻については、検査は実施されていない。

 彼らは、男性と妻の結婚式の準備のために年末に集まり、男性と姉妹のうち一人が、1月4日に調理のために鴨をさばいていたことが判明している。しかし、妻と姉妹の他の一人が、鶏などに接触しなかったかどうかは明らかではないという。また、二人の姉妹は、先に発病した兄の看病に当たったことが判明している。

 こうした経緯からWHOは、ため、ヒト−ヒト感染を選択肢の一つとして想定したもの。鳥との接触や鶏糞などによる環境からの感染の可能性も否定できないと強調している。現地の保健当局からは、4人を除く家族や男性の診療に当たった医療関係者、結婚式の参加者などには異常は見られたという報告はないという。WHOでは個々のH5N1感染症例について、調査継続の必要性を強調している。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:53
  2. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  3. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:22
  4. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:287
  5. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  6. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:90
  7. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:244
  8. 地域医療連携推進法人の運用ガイドライン決まる 制度の内容がほぼ確定、4月2日にも第1号認可か FBシェア数:8
  9. 昨年11月時点の7対1病床、半年間で6105床減 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:8
  10. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385