2004.02.03

【インフルエンザ速報】 ベトナムでH5N1ヒト−ヒト感染疑いの家族感染、WHOは調査継続の必要性を強調 

 世界保健機関(WHO)は2月2日、先にヒト−ヒト感染の可能性もあり得るとしたベトナムの家族についての追加情報を発表した。感染が発生したベトナムThai Binh省の一家は31歳の男性とその二人の姉妹で23歳と30歳の女性、男性の妻で28歳の女性の4人。このうち、妻を除く3人が死亡している。23歳と30歳の姉妹はH5N1の検査陽性が確認されたが、男性とその妻については、検査は実施されていない。

 彼らは、男性と妻の結婚式の準備のために年末に集まり、男性と姉妹のうち一人が、1月4日に調理のために鴨をさばいていたことが判明している。しかし、妻と姉妹の他の一人が、鶏などに接触しなかったかどうかは明らかではないという。また、二人の姉妹は、先に発病した兄の看病に当たったことが判明している。

 こうした経緯からWHOは、ため、ヒト−ヒト感染を選択肢の一つとして想定したもの。鳥との接触や鶏糞などによる環境からの感染の可能性も否定できないと強調している。現地の保健当局からは、4人を除く家族や男性の診療に当たった医療関係者、結婚式の参加者などには異常は見られたという報告はないという。WHOでは個々のH5N1感染症例について、調査継続の必要性を強調している。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14