2004.02.02

【インフルエンザ速報】 ベトナムでトリインフルエンザのヒト−ヒト感染の可能性、WHOが発表

 世界保健機関(WHO)は2月1日、ベトナムで高病原性トリインフルエンザによって死亡した家族内でヒト−ヒト感染が起きた可能性があると発表した。

 この家族は、同国Thai Binh省に住む男性とその妻、男性の姉妹で23歳と30歳の女性の4人。いずれも重症の呼吸器疾患を発症した。このうち、23歳と30歳の姉妹は1月10日に発病して13日に入院し、23日に死亡した。男性は1月7日に発症して12日に死亡している。男性の検体は残されていないが、WHOは可能性の一つとして、男性から姉妹への限定的なヒト−ヒト感染があった可能性を示唆している。

 ベトナムでのH5N1感染が確認されたのはこれで10人目。このうち8人は死亡している。今回の家族の症例以外は、すべて鶏などとの直接接触が確認されている。

 WHOはこれまでの調査から、1997年の香港と2003年のオランダにおけるトリインフルエンザの流行時に限定的なヒト−ヒト感染が発生していた可能性が高いとしているが、これまでのところ、2次感染者が重症になることはなかったという。仮に今回、人間に対する高い病原性を保ったままヒト−ヒト感染が起きたのであれば、これまでにない事態ということになる。

 本件についてのWHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:29
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:470
  5. 8歳男児。主訴:血尿の精査 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  6. 常に良き観察者たれ!見えないものに目を向けろ 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:113
  7. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:6
  8. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1
  9. 注射器片手に「HIV陽性よ!」と叫ぶ患者 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:2
  10. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:150