2004.02.02

【インフルエンザ速報】 ベトナムでトリインフルエンザのヒト−ヒト感染の可能性、WHOが発表

 世界保健機関(WHO)は2月1日、ベトナムで高病原性トリインフルエンザによって死亡した家族内でヒト−ヒト感染が起きた可能性があると発表した。

 この家族は、同国Thai Binh省に住む男性とその妻、男性の姉妹で23歳と30歳の女性の4人。いずれも重症の呼吸器疾患を発症した。このうち、23歳と30歳の姉妹は1月10日に発病して13日に入院し、23日に死亡した。男性は1月7日に発症して12日に死亡している。男性の検体は残されていないが、WHOは可能性の一つとして、男性から姉妹への限定的なヒト−ヒト感染があった可能性を示唆している。

 ベトナムでのH5N1感染が確認されたのはこれで10人目。このうち8人は死亡している。今回の家族の症例以外は、すべて鶏などとの直接接触が確認されている。

 WHOはこれまでの調査から、1997年の香港と2003年のオランダにおけるトリインフルエンザの流行時に限定的なヒト−ヒト感染が発生していた可能性が高いとしているが、これまでのところ、2次感染者が重症になることはなかったという。仮に今回、人間に対する高い病原性を保ったままヒト−ヒト感染が起きたのであれば、これまでにない事態ということになる。

 本件についてのWHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:255
  2. ドラマ「コード・ブルー」が始まったけど… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:430
  3. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:35
  4. 「棒」摘出を巡る、一生忘れられないある体験 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:6
  5. 外勤で手を抜いてない? 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:15
  6. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:17
  7. 日本病院会認定の「病院総合医」来春から養成 卒後6年以上の医師を対象、研修期間は原則2年 FBシェア数:90
  8. シャンプー、ゲル…頭部乾癬用薬の新剤形が続々 トレンド◎患者の利便性向上や副作用の軽減に期待 FBシェア数:67
  9. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:51
  10. やっぱり必要、診療情報提供書 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:46