2004.02.02

【インフルエンザ速報】 ベトナムでトリインフルエンザのヒト−ヒト感染の可能性、WHOが発表

 世界保健機関(WHO)は2月1日、ベトナムで高病原性トリインフルエンザによって死亡した家族内でヒト−ヒト感染が起きた可能性があると発表した。

 この家族は、同国Thai Binh省に住む男性とその妻、男性の姉妹で23歳と30歳の女性の4人。いずれも重症の呼吸器疾患を発症した。このうち、23歳と30歳の姉妹は1月10日に発病して13日に入院し、23日に死亡した。男性は1月7日に発症して12日に死亡している。男性の検体は残されていないが、WHOは可能性の一つとして、男性から姉妹への限定的なヒト−ヒト感染があった可能性を示唆している。

 ベトナムでのH5N1感染が確認されたのはこれで10人目。このうち8人は死亡している。今回の家族の症例以外は、すべて鶏などとの直接接触が確認されている。

 WHOはこれまでの調査から、1997年の香港と2003年のオランダにおけるトリインフルエンザの流行時に限定的なヒト−ヒト感染が発生していた可能性が高いとしているが、これまでのところ、2次感染者が重症になることはなかったという。仮に今回、人間に対する高い病原性を保ったままヒト−ヒト感染が起きたのであれば、これまでにない事態ということになる。

 本件についてのWHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:78
  2. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:29
  3. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:93
  4. 心血管疾患二次予防のLDL-C目標値は70未満 特集◎生活習慣病 7つの新常識《3》 FBシェア数:70
  5. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:449
  6. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:616
  7. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:2
  8. デイサービスで感じた女子力とは? 病院珍百景 FBシェア数:33
  9. コールドポリペクトミーは抗凝固薬服用中の大腸ポリ… 学会トピック◎第14回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:45
  10. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:77
医師と医学研究者におすすめの英文校正