2004.02.02

【疫学会速報】 インフルエンザワクチン接種、乳幼児での有効性を支持

 乳幼児に対するインフルエンザワクチンの有効性を支持する研究結果を、第14回日本疫学会学術総会で、大阪市立大公衆衛生学の藤枝恵氏が発表した。

 同氏らは、2000/01年シーズンから2002/03シーズンの3シーズンにわたって、全国55カ所の小児科診療所の受診患児を対象に、ワクチン接種希望者を接種群、各接種者の直後の受診患児1〜2人を非接種群に割り付けて、ワクチンの有効性を調査した。

 患児の居住地域の週別インフルエンザ様疾患(ILI)届け出患者数と週別ウイルス分離数から地域の最流行期を割り出し、ILI発症状況の観察期間とした。ILI発症の指標は、最流行期の最高体温とした。解析対象は2000/01年シーズン2337人、2001/02年シーズンは2612人、2002/03年シーズンは2913人となった。

 その結果、接種群と非接種群の患者背景で補正したILI発症に対するワクチン接種群のオッズ比は、2000/01年シーズン0.78(p=0.043)、2001/02年シーズン0.75(p=0.000)、2002/03年シーズン0.75(p=0.000)と、いずれの流行シーズンでもワクチン接種群で有意にILI発症を抑制していることが示された。

 さらに年齢別に分析すると、1歳以上の補正オッズ比は、2000/01年シーズン0.72(p=0.013)、2001/02シーズン0.76(p=0.000)、2002/03シーズン0.72(p=0.000)と、やはりワクチン接種の有意な有効性が認められた。

 一方、1歳未満については症例数が足りなかったこともあり、2000/01年シーズン1.45(p=0.299)、2001/02シーズン0.71(p=0.463)、2002/03シーズン1.93(p=0.119)と、シーズンによってばらつく結果となった。

 藤枝氏は、「流行株、患児の免疫の状態、流行規模が毎年変動するので、調査をさらに継続して、ワクチン接種の有効性をはっきりと立証させたい」と強調している。
(星良孝、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:594
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:66
  3. 何気ない言葉の効果 じたばたナース FBシェア数:3
  4. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:351
  5. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:72
  6. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:531
  7. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:481
  8. 見逃し注意!コニール分2の適応違い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:36
  9. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  10. 左主冠動脈狭窄ではCABGがPCIに勝る Lancet誌から FBシェア数:153