2004.02.02

【疫学会速報】 インフルエンザワクチン接種、乳幼児での有効性を支持

 乳幼児に対するインフルエンザワクチンの有効性を支持する研究結果を、第14回日本疫学会学術総会で、大阪市立大公衆衛生学の藤枝恵氏が発表した。

 同氏らは、2000/01年シーズンから2002/03シーズンの3シーズンにわたって、全国55カ所の小児科診療所の受診患児を対象に、ワクチン接種希望者を接種群、各接種者の直後の受診患児1〜2人を非接種群に割り付けて、ワクチンの有効性を調査した。

 患児の居住地域の週別インフルエンザ様疾患(ILI)届け出患者数と週別ウイルス分離数から地域の最流行期を割り出し、ILI発症状況の観察期間とした。ILI発症の指標は、最流行期の最高体温とした。解析対象は2000/01年シーズン2337人、2001/02年シーズンは2612人、2002/03年シーズンは2913人となった。

 その結果、接種群と非接種群の患者背景で補正したILI発症に対するワクチン接種群のオッズ比は、2000/01年シーズン0.78(p=0.043)、2001/02年シーズン0.75(p=0.000)、2002/03年シーズン0.75(p=0.000)と、いずれの流行シーズンでもワクチン接種群で有意にILI発症を抑制していることが示された。

 さらに年齢別に分析すると、1歳以上の補正オッズ比は、2000/01年シーズン0.72(p=0.013)、2001/02シーズン0.76(p=0.000)、2002/03シーズン0.72(p=0.000)と、やはりワクチン接種の有意な有効性が認められた。

 一方、1歳未満については症例数が足りなかったこともあり、2000/01年シーズン1.45(p=0.299)、2001/02シーズン0.71(p=0.463)、2002/03シーズン1.93(p=0.119)と、シーズンによってばらつく結果となった。

 藤枝氏は、「流行株、患児の免疫の状態、流行規模が毎年変動するので、調査をさらに継続して、ワクチン接種の有効性をはっきりと立証させたい」と強調している。
(星良孝、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人事で形勢不利でも転職しなかった医師の覚悟 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:1
  2. 専門医から見て絶対NGな糖尿病診療とは シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:161
  3. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:134
  4. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  5. 飲酒時に緊急呼び出し、診療しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:18
  6. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:167
  7. 「記者の眼」も取り上げていた健診項目の怪 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:20
  8. 51歳男性。左下腿の潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:6
  10. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:43