2004.01.30

【インフルエンザ速報】 人間に感染のトリインフルエンザウイルス、アジアで以前から存在か、WHO報告

 世界保健機関(WHO)は1月29日、ベトナムやタイなどで鶏や人間に感染して被害をもたらしている高病原性トリインフルエンザウイルスを数カ月前に鳥から採取したウイルスと比較したところ、現在のウイルスが当初、想定していたよりも長期間、アジアの特定地域に存在していた可能性を示唆する結果が得られたとしている。WHOは、なぜ突然アジア各地で猛威をふるい始めたのかについては言及していないが、「現在得られている情報では、現在のウイルスの地理的起源の解明には不十分」としている。

 分析を実施しているのは、日本の国立感染症研究所や米疾病対策センター(CDC)などが加わっているWHOの国際インフルエンザサーベイランスネットワークの各研究所。現在、同ネットワークには、カンボジア、日本、韓国、ベトナムのウイルス分析を行っており、近く、インドネシア、ラオス、タイで流行を起こしているウイルスの分析も近く実施される。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127