2004.01.30

【インフルエンザ速報】 人間に感染のトリインフルエンザウイルス、アジアで以前から存在か、WHO報告

 世界保健機関(WHO)は1月29日、ベトナムやタイなどで鶏や人間に感染して被害をもたらしている高病原性トリインフルエンザウイルスを数カ月前に鳥から採取したウイルスと比較したところ、現在のウイルスが当初、想定していたよりも長期間、アジアの特定地域に存在していた可能性を示唆する結果が得られたとしている。WHOは、なぜ突然アジア各地で猛威をふるい始めたのかについては言及していないが、「現在得られている情報では、現在のウイルスの地理的起源の解明には不十分」としている。

 分析を実施しているのは、日本の国立感染症研究所や米疾病対策センター(CDC)などが加わっているWHOの国際インフルエンザサーベイランスネットワークの各研究所。現在、同ネットワークには、カンボジア、日本、韓国、ベトナムのウイルス分析を行っており、近く、インドネシア、ラオス、タイで流行を起こしているウイルスの分析も近く実施される。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:172
  2. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 75歳女性。構音障害、左共同偏視 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:648
  5. コデイン類含有製剤、12歳未満は禁忌に まずは「重要な基本的注意」で注意喚起、2019年から全面禁忌 FBシェア数:292
  6. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:101
  7. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  8. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:69
  9. 末梢神経障害へのエパルレスタットに要注意 セキララ告白!個別指導 FBシェア数:74
  10. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:217