2004.01.29

FDA、閉塞性睡眠時無呼吸症など向けに覚醒を助ける薬を承認

 米Cephalon社(ペンシルベニア州West Chester)は、米国食品医薬品局(FDA)が1月26日、閉塞性睡眠時無呼吸症候群や労働時間シフトが原因の睡眠障害の治療薬として、覚醒を助けるProvigil(成分名:modafinil)を承認したと公表した。Provigilは1998年、睡眠発作の治療薬としてFDAの承認を受けている。

 Cephalon社によると、3500人超を対象とした治験で、その安全性が確認されたとしている。主な副作用としては、頭痛、吐き気、神経過敏、鼻づまり、下痢、腰痛などの症状がみられた。また、Provigilは、本人の意思による睡眠には影響はないという。睡眠状態の質を投与群とプラセボ群で比較したところ、同等の結果が出たとしている。

 詳しくは、同社による、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:64
  2. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  3. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:296
  4. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:40
  5. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  7. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  8. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:99
  9. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  10. 東広島市の麻疹感染広がる、患者は7人に パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:198