2004.01.29

FDA、閉塞性睡眠時無呼吸症など向けに覚醒を助ける薬を承認

 米Cephalon社(ペンシルベニア州West Chester)は、米国食品医薬品局(FDA)が1月26日、閉塞性睡眠時無呼吸症候群や労働時間シフトが原因の睡眠障害の治療薬として、覚醒を助けるProvigil(成分名:modafinil)を承認したと公表した。Provigilは1998年、睡眠発作の治療薬としてFDAの承認を受けている。

 Cephalon社によると、3500人超を対象とした治験で、その安全性が確認されたとしている。主な副作用としては、頭痛、吐き気、神経過敏、鼻づまり、下痢、腰痛などの症状がみられた。また、Provigilは、本人の意思による睡眠には影響はないという。睡眠状態の質を投与群とプラセボ群で比較したところ、同等の結果が出たとしている。

 詳しくは、同社による、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:435
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:94
  4. 「医師に労基法は適用されない」と言われました 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  5. 今夜の夜勤は宿直手当でOK? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  6. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:107
  7. 三杯酢で超早期胃癌の発見ができる! 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:2
  8. 給与は年功で順当にアップ、その先は… Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  9. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. AIはあくまで医師の診断を助ける良きツール 特集◎人工知能は敵か味方か《医師のホンネ3》 FBシェア数:65