2004.01.29

FDA、閉塞性睡眠時無呼吸症など向けに覚醒を助ける薬を承認

 米Cephalon社(ペンシルベニア州West Chester)は、米国食品医薬品局(FDA)が1月26日、閉塞性睡眠時無呼吸症候群や労働時間シフトが原因の睡眠障害の治療薬として、覚醒を助けるProvigil(成分名:modafinil)を承認したと公表した。Provigilは1998年、睡眠発作の治療薬としてFDAの承認を受けている。

 Cephalon社によると、3500人超を対象とした治験で、その安全性が確認されたとしている。主な副作用としては、頭痛、吐き気、神経過敏、鼻づまり、下痢、腰痛などの症状がみられた。また、Provigilは、本人の意思による睡眠には影響はないという。睡眠状態の質を投与群とプラセボ群で比較したところ、同等の結果が出たとしている。

 詳しくは、同社による、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女性医師に出会いを提供する「女医コン」とは Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:174
  2. 「資格を取得してから開業」のはずが… 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  3. 「患者への説明」に時間を充てすぎてはいけない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:588
  4. 80歳女性。意識障害 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  5. 僕らは40歳までに下らなければいけない 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:37
  6. 結核性脳脊髄膜炎で夭逝した中原中也 病と歴史への招待 FBシェア数:112
  7. 吐き気と微妙な心電図、先生の判断は? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:0
  8. 52歳男性。右顔面痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  10. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:769