2004.01.29

FDA、閉塞性睡眠時無呼吸症など向けに覚醒を助ける薬を承認

 米Cephalon社(ペンシルベニア州West Chester)は、米国食品医薬品局(FDA)が1月26日、閉塞性睡眠時無呼吸症候群や労働時間シフトが原因の睡眠障害の治療薬として、覚醒を助けるProvigil(成分名:modafinil)を承認したと公表した。Provigilは1998年、睡眠発作の治療薬としてFDAの承認を受けている。

 Cephalon社によると、3500人超を対象とした治験で、その安全性が確認されたとしている。主な副作用としては、頭痛、吐き気、神経過敏、鼻づまり、下痢、腰痛などの症状がみられた。また、Provigilは、本人の意思による睡眠には影響はないという。睡眠状態の質を投与群とプラセボ群で比較したところ、同等の結果が出たとしている。

 詳しくは、同社による、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:68
  2. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:73
  4. 糖尿病合併高血圧は尿蛋白陰性ならCa拮抗薬も 特集◎生活習慣病 7つの新常識《2》 FBシェア数:5
  5. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:550
  6. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:60
  7. 母親の終末期を巡る兄弟の葛藤への対処法 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:113
  8. 第二世代抗ヒスタミン薬:アレグラ人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  9. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:414
  10. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:65
医師と医学研究者におすすめの英文校正