2004.01.29

EDになりやすい体質がある? 米の双子研究で新発見

 双子の男性1500組を対象とした米国の調査で、勃起障害(ED)の原因の4割は遺伝で説明できることが判明した。EDの発症に遺伝要因がどの程度影響するかがわかったのは初めて。研究グループは、「EDになりやすい遺伝子タイプ」が、近い将来発見される可能性が高いとみている。研究結果は、米国医師会の学術誌であるArchives of Internal Medicine誌1月26日号に掲載された。

 心臓病や糖尿病、あるいは癌など、年をとるほどかかりやすくなる病気の場合、体質など「遺伝的な要因」と生活習慣など「環境的な要因」の、両方が発症に深く関係している。一般に、患者数が少ない病気や若い人でもかかる病気では「遺伝要因」、患者数が多い病気やお年寄りに多い病気では「環境要因」の影響が大きいと考えられている。

 「双子研究」は、この「遺伝要因」と「環境要因」のバランスをみる研究としてよく行われるもの。一卵性の双子は全く同じ遺伝子を持っているが、二卵性の双子は2分の1しか同じ遺伝子を持っていない。よく似た環境で育った(環境要因がほぼ同じ)双子の、二人ともが同じ病気にかかる確率(相関係数)を一卵性と二卵性とで比べれば、遺伝要因の影響の大きさがわかるという仕組みだ。

 米国Seattle疫学研究情報センターのMary E. Fischer氏らは、40〜60歳台の双子男性1万762人にアンケートを実施。双子の両方がアンケートに答えてくれた1509組について、一卵性か二卵性かで相関係数がどの程度変わるかを調べた。なお、アンケートを送った双子は全員が軍人で、子どもの頃だけでなく、成人してからも生活環境が似ている可能性が高い。

 その結果、一卵性の双子の方が二卵性の双子よりも、「二人ともED」あるいは「二人ともEDではない」割合が多いことが判明。EDの発症要因のおよそ4割が、遺伝的なものとみなせることがわかった。心臓病や糖尿病などの持病や喫煙・飲酒量など、EDの発症に影響する可能性がある要因で補正しても、結果は大きくは変わらなかった。

 研究グループは、何らかの遺伝的な要因が、EDの発症にかなり大きな影響を与えていると結論。EDになりやすい遺伝子タイプについて、研究を進める価値があるとしている。

 この論文のタイトルは、「A Twin Study of Erectile Dysfunction」。現在、全文をこちらで閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:170
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:31
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 FBシェア数:7
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:24
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:85
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  7. そのまま、動かすな! 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:9
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム 大学と市中病院が連携、研究と臨床を学ぶ場を提供 FBシェア数:108
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:112
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例 日本小児アレルギー学会が「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 FBシェア数:5