2004.01.28

FDA、OTC鎮痛剤の正しい使用法について消費者に警告

 米国食品医薬品局(FDA)は1月22日、一般用医薬品(OTC)鎮痛剤の正しい使用法について、消費者向けキャンペーンを始めると発表した。対象となるのは、アセトアミノフェンと、アスピリンやイブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)。こうした鎮痛剤は、過剰投与をしたり、ある種の薬を併用することで、重篤な副作用を発症する可能性があることを、消費者に広く知らせ注意を促すことが狙い。

 具体的には、OTC鎮痛薬の服用に関する注意事項を盛り込んだパンフレットを、薬局や医療機関で配布したり、約100種の雑誌に広告を掲載するなどの方法で広く消費者に告知していく。

 注意事項の例としては、アセトアミノフェンの過剰投与は、肝臓障害を引き起こし、死に至る可能性もあること。また、肝臓障害は、アセトアミノフェン服用中に、1日3杯以上の飲酒をする人でリスクが高くなるとしている。

 FDAによるとアセトアミノフェンは、かぜ薬や頭痛薬など、600種類以上のOTCや処方薬に含まれているため、消費者が誤って過剰に服用してしまう可能性が大きいという。

 また、NSAIDについては、服用することで胃腸からの出血を起こすことがあり、そのリスクは60歳超の人や、処方薬の抗凝固薬やステロイドを服用する人、また胃腸出血の病歴がある人などでそのリスクが高まること。さらにNSAIDは腎臓障害のある人や利尿薬を服用している人で、非可逆的な腎臓障害を引き起こすリスクが高まるとしている。

 詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2