2004.01.28

FDA、OTC鎮痛剤の正しい使用法について消費者に警告

 米国食品医薬品局(FDA)は1月22日、一般用医薬品(OTC)鎮痛剤の正しい使用法について、消費者向けキャンペーンを始めると発表した。対象となるのは、アセトアミノフェンと、アスピリンやイブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)。こうした鎮痛剤は、過剰投与をしたり、ある種の薬を併用することで、重篤な副作用を発症する可能性があることを、消費者に広く知らせ注意を促すことが狙い。

 具体的には、OTC鎮痛薬の服用に関する注意事項を盛り込んだパンフレットを、薬局や医療機関で配布したり、約100種の雑誌に広告を掲載するなどの方法で広く消費者に告知していく。

 注意事項の例としては、アセトアミノフェンの過剰投与は、肝臓障害を引き起こし、死に至る可能性もあること。また、肝臓障害は、アセトアミノフェン服用中に、1日3杯以上の飲酒をする人でリスクが高くなるとしている。

 FDAによるとアセトアミノフェンは、かぜ薬や頭痛薬など、600種類以上のOTCや処方薬に含まれているため、消費者が誤って過剰に服用してしまう可能性が大きいという。

 また、NSAIDについては、服用することで胃腸からの出血を起こすことがあり、そのリスクは60歳超の人や、処方薬の抗凝固薬やステロイドを服用する人、また胃腸出血の病歴がある人などでそのリスクが高まること。さらにNSAIDは腎臓障害のある人や利尿薬を服用している人で、非可逆的な腎臓障害を引き起こすリスクが高まるとしている。

 詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  2. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  3. オペ時の血糖はやはり7%まで下げるべき? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:85
  4. 21歳女性、突然の腹痛の原因は心臓にあった! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:35
  5. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:31
  6. 潰瘍性大腸炎に初の体外診断薬、その実力は? リポート◎再燃の早期発見に威力、内視鏡検査の頻度を減らす効果も FBシェア数:7
  7. 自分の家で、この子を抱きしめて川の字で寝たい 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:128
  8. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:180
  9. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  10. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:503