2004.01.28

FDA、OTC鎮痛剤の正しい使用法について消費者に警告

 米国食品医薬品局(FDA)は1月22日、一般用医薬品(OTC)鎮痛剤の正しい使用法について、消費者向けキャンペーンを始めると発表した。対象となるのは、アセトアミノフェンと、アスピリンやイブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)。こうした鎮痛剤は、過剰投与をしたり、ある種の薬を併用することで、重篤な副作用を発症する可能性があることを、消費者に広く知らせ注意を促すことが狙い。

 具体的には、OTC鎮痛薬の服用に関する注意事項を盛り込んだパンフレットを、薬局や医療機関で配布したり、約100種の雑誌に広告を掲載するなどの方法で広く消費者に告知していく。

 注意事項の例としては、アセトアミノフェンの過剰投与は、肝臓障害を引き起こし、死に至る可能性もあること。また、肝臓障害は、アセトアミノフェン服用中に、1日3杯以上の飲酒をする人でリスクが高くなるとしている。

 FDAによるとアセトアミノフェンは、かぜ薬や頭痛薬など、600種類以上のOTCや処方薬に含まれているため、消費者が誤って過剰に服用してしまう可能性が大きいという。

 また、NSAIDについては、服用することで胃腸からの出血を起こすことがあり、そのリスクは60歳超の人や、処方薬の抗凝固薬やステロイドを服用する人、また胃腸出血の病歴がある人などでそのリスクが高まること。さらにNSAIDは腎臓障害のある人や利尿薬を服用している人で、非可逆的な腎臓障害を引き起こすリスクが高まるとしている。

 詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54