2004.01.28

AHAとNHLBI、メタボリック・シンドロームの定義に関する共同見解を発表

 米国心臓協会(AHA)と米国国立心肺血液研究所(NHLBI)は1月27日、定義上の混乱がみられる「メタボリック・シンドローム」(代謝異常症候群)に関し、米国コレステロール教育プログラム(NCEP)の成人治療パネル3(ATP3)で提示された診断基準が、心血管疾患(CVD)ハイリスク者のスクリーニングにおいて最も実用的(practical)とする共同見解を発表した。この見解は、AHAの学術誌であるCirculation誌1月27日号に掲載された。

 メタボリック・シンドロームは、CVD患者にしばしばみられる「危険因子の集積」(cluster)に着目した危険因子概念。1988年に提唱されたもので、「シンドロームX」や「インスリン抵抗性症候群」との用語も使われる。

 メタボリック・シンドロームの診断基準を最初に定義したのは世界保健機関(WHO)で、1998年のことだった(1999年に一部改訂)。しかしその後、2002年にNCEPがATP3を発表した際、WHOとは別の診断基準を提唱。2003年には米国臨床内分泌医協会(AACE)が、「インスリン抵抗性症候群」との用語を用いて別の診断基準を発表し、三つの定義が乱立する状態となっていた。

 ちなみに、ATP3におけるメタボリック・シンドロームの診断基準は、1.腹部肥満(腹部周囲径:男性102cm超、女性88cm超)、2.トリグリセリド値(150mg/dl以上)、3.高比重リポ蛋白(HDL)コレステロール低値(男性40mg/dl未満、女性50mg/dl未満)、3.高血圧(130/85mmHg以上)、5.空腹時高血糖(110mg/dl以上)−−の五つのうち三つ以上を満たすというもの。三つの定義の中では最も計測が容易なものとなっている。

 一方のWHO基準は、インスリン抵抗性(2型糖尿病または空腹時高血糖、耐糖能異常)があり、1.高血圧(140/90mmHg以上または降圧薬服用)、2.トリグリセリド高値(150mg/dl以上)、3.HDLコレステロール低値(男性35mg/dl未満、女性39mg/dl未満)、4.体格指数(BMI)30超またはウエスト・ヒップ比高値(男性0.9超、女性0.85超)、5.尿アルブミン排泄が20μg/分以上またはアルブミン・クレアチニン比が30mg/g以上−−の五つのうち二つ以上を満たすというもの。メタボリック・シンドロームを、CVDというより糖尿病の危険因子として位置付けている。

 最新のAACE基準は、WHO基準とATP3基準の折衷のような形。1.肥満・過体重(BMIが25以上)、2.トリグリセリド高値(150mg/dl以上)、3.HDLコレステロール低値(男性40mg/dl未満、女性50mg/dl未満)、4.血圧上昇(130/85mmHg以上)、5.耐糖能異常(経口糖負荷試験=OGTTの2時間値が140mg/dl超)、6.空腹時高血糖(110mg/dl以上)、7.その他の危険因子(2型糖尿病や高血圧、CVDの家族歴、運動不足、高齢など)−−の七つのうちいくつかを持つ人に対し、臨床的な判断(clinical judgment)で診断するよう求めるものだ。

 AHAとNHLBIの共同見解では、三つの診断基準のうち唯一、OGTTを要しないATP3基準が、CVDのハイリスク患者同定において最も実用的なツールになると結論。介入は、減量を主軸とする生活習慣改善指導が第一選択になり、インスリン抵抗性改善薬にも期待は持てるが、現時点ではCVD発症予防に対するエビデンスが不足しているとしている。

 この見解のタイトルは、「Definition of Metabolic Syndrome: Report of the National Heart, Lung, and Blood Institute/American Heart Association Conference on Scientific Issues Related to Definition」。現在、こちらで全文を閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:53
  2. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  3. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:22
  4. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:287
  5. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  6. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:90
  7. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:244
  8. 地域医療連携推進法人の運用ガイドライン決まる 制度の内容がほぼ確定、4月2日にも第1号認可か FBシェア数:8
  9. 昨年11月時点の7対1病床、半年間で6105床減 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:8
  10. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385