2004.01.27

【疫学会速報】 日本人成人の睡眠薬服用率は7.4%、多量服用者には日中過眠や意欲低下多い 

 日本人成人の7.4%が睡眠薬を服用しており、その半数以上が週に3回以上服用している。若年者よりも高齢者、男性よりも女性の服用率が高く、70歳以上の女性では実に4人に一人が睡眠薬を服用している。男女各2800人を対象とした全国調査の結果、満足な眠りを得ようと薬剤に頼る人々の実態が浮かび上がった。1月21日のポスターセッション「ライフスタイル・ストレス」で国立保健医療科学院疫学部の土井由利子氏(写真)が報告した。

 土井氏の発表は、1997年に実施した睡眠に関する健康調査の調査データを基に、睡眠薬使用の実態を解析したもの。1995年の国勢調査に基づいて全国から二段無作為抽出法によって抽出した一般成人の男女各2800人に対し、1997年に自記式質問票を郵送し、回答を得た。回収率は67.5%で有効回答数は男性920、女性951だった。

 成人全体では年齢調整済みの睡眠薬使用率は7.4%で、14人に一人が使用している計算になった。服用率は一般に年齢が高いほど多く、20代では2.6%なのに対して40代では6.8%、60代では12%、70代では19.2%、80歳以上では24.8%だった。30代と40代では男性の服用率が高かったが、それ以外の年代では女性の服用率が高く、70代女性では24.8%、80歳以上の女性では32.4%で、70歳以上の女性では4人に一人が睡眠薬を服用していることが判明した。

 男女とも多くの年代で半数以上が週に3回以上服用していたが、男性の40代、50代と女性の20代では週3回以上の服用者は少なかった。

 睡眠薬自体が基本的には処方薬であるため、服用者の87.9%は医療機関を受診していた。服用者と非服用者を比較すると、服用者は複数の診療科を受診する比率が高く、特に精神神経科と内科を受診する傾向が多く、疾患別では糖尿病、心疾患、消化性潰瘍を罹患している傾向が強かった。

 また、服用頻度が多いほど不眠や日中活動低下の訴えが多い傾向があった。非服用者と比較した相対危険度(オッズ比)を見ると、入眠困難については、週1回未満の服用者では1.28倍、週1〜2回では4.2倍、週3回以上では6.5倍と、服用頻度が多いほど有意に訴えが多かった。

 一方、日中の過眠も、週1回未満の服用では1.1倍、週1〜2回服用では1.74倍、週3回以上では2.79倍と多くなり、日中の意欲低下も同じく、1.62倍、3.85倍、5.52倍と服用頻度が高いほど有意に訴えが多かった。ただし、日中過眠や意欲低下が睡眠薬の副作用であるか否かについて土井氏は、「睡眠薬処方の対象となる抑うつの症状などとも考えられ、本研究だけでは判断できない」とした。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:78
  2. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:29
  3. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:93
  4. 心血管疾患二次予防のLDL-C目標値は70未満 特集◎生活習慣病 7つの新常識《3》 FBシェア数:70
  5. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:449
  6. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:616
  7. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:2
  8. デイサービスで感じた女子力とは? 病院珍百景 FBシェア数:33
  9. コールドポリペクトミーは抗凝固薬服用中の大腸ポリ… 学会トピック◎第14回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:45
  10. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:77
医師と医学研究者におすすめの英文校正