2004.01.26

【インフルエンザ速報】 高病原性トリインフルエンザ研究、緊急実施向け予算措置 

 日本で分離された高病原性トリインフルエンザの起源解明やヒトへの感染防止などを目的とした研究プロジェクトがスタートする。山口県で国内では79年ぶりの発生があったことや、ベトナム、タイでヒトへの感染が確認されたことなどから、公的研究機関や大学など複数の研究機関で速やかな研究開始を目指す。1月23日に農林水産省が「高病原性鳥インフルエンザ対策に関する緊急調査研究案」として発表した。当面、科学技術振興調整費7500万円を活用する予定。1月29日に開催される総合科学技術会議で正式に決定する。

 主な研究内容は次のとおり。
1.ウイルスの起源の研究:国内で分離されたH5N1型トリインフルエンザウイルスの遺伝子解析を行い、既知のウイルス情報との比較から、ウイルスの由来を解明する。
2.病原性の解析:国内で分離されたH5N1ウイルスが鳥類やほ乳類に伝搬する可能性と病原性を確認する。
3.ヒトへの感染予防:分離されたウイルスの迅速診断キットやワクチン開発の基礎研究と、ヒトにおける対応マニュアルの策定。

 このうち、ウイルス起源研究は動物衛生研究所と鳥取大学、自然環境研究センターが分担し、病原性の解析は動物衛生研究所と北海道大学が、また、ヒトへの感染予防については東京大学医科学研究所と国立感染症研究所、国立国際医療センターが分担する予定としている。

 本研究計画についての農林水産省のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239