2004.01.26

【インフルエンザ速報】 高病原性トリインフルエンザ研究、緊急実施向け予算措置 

 日本で分離された高病原性トリインフルエンザの起源解明やヒトへの感染防止などを目的とした研究プロジェクトがスタートする。山口県で国内では79年ぶりの発生があったことや、ベトナム、タイでヒトへの感染が確認されたことなどから、公的研究機関や大学など複数の研究機関で速やかな研究開始を目指す。1月23日に農林水産省が「高病原性鳥インフルエンザ対策に関する緊急調査研究案」として発表した。当面、科学技術振興調整費7500万円を活用する予定。1月29日に開催される総合科学技術会議で正式に決定する。

 主な研究内容は次のとおり。
1.ウイルスの起源の研究:国内で分離されたH5N1型トリインフルエンザウイルスの遺伝子解析を行い、既知のウイルス情報との比較から、ウイルスの由来を解明する。
2.病原性の解析:国内で分離されたH5N1ウイルスが鳥類やほ乳類に伝搬する可能性と病原性を確認する。
3.ヒトへの感染予防:分離されたウイルスの迅速診断キットやワクチン開発の基礎研究と、ヒトにおける対応マニュアルの策定。

 このうち、ウイルス起源研究は動物衛生研究所と鳥取大学、自然環境研究センターが分担し、病原性の解析は動物衛生研究所と北海道大学が、また、ヒトへの感染予防については東京大学医科学研究所と国立感染症研究所、国立国際医療センターが分担する予定としている。

 本研究計画についての農林水産省のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22