2004.01.23

【ヘルスケア2004速報】 ハートフルスタッフ 老人福祉施設、老人介護関係機関に特化した人材派遣業を展開

 「介護派遣サービス」と聞いて、ただのヘルパー派遣業ではと思ったら、実は大違いだった。老人福祉施設、老人介護関係機関に特化した人材派遣会社だという。これは本邦初の事業ではないだろうか。

 ハートフルスタッフの母体は、山梨県内で在宅介護事業を展開する(株)やさしい手甲府だ。同社のヘルパー養成講座の修了生を、福祉施設にヘルパーとして派遣すべく、ハートフルスタッフを設立したのが2000年。社長の海野一幸氏は、派遣業の大きなメリットはミスマッチのリスクを減らすことだという。

 「介護という仕事には、向き不向きがある。雇用者も被用者も働いてみないと合うかどうかわからない。派遣制度なら、どちらかが合わないといえば、打ち切ることができるし、どうして継続して働いてもらいたい場合は正社員として雇用契約を結ぶことも可能」。試用期間として利用することもできるというわけだ。

 また、職員の急な欠員や繁忙期の人員確保や、職員のシフト勤務の負担軽減など、派遣先の事業所にも利点も大きい。これが好評で、甲府では3年間で施設への就職者は約50人に及ぶという。

 甲府での成功により、昨年末に八王子店をオープンしたばかり、5月から人材養成もスタートさせる。今後はリスクマネジメントにも確立させていくとのことだ。優秀な人材を育成し、それを現場に送り込む新しいシステムとして、今後の展開に期待したい。
(川崎敦子)




Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176