2004.01.22

【ヘルスケア2004速報】 ナムコ リハビリとエンターテイメントを融合、新しい介護予防の形を提案

 1月21日開幕したヘルスケア2004で、にぎやかな音と来訪者の笑顔がひときわ目立っていたのがナムコのブース。「太鼓の達人」「ワニワニパニック」など、街角のゲームセンターに並んでいるおなじみのゲームマシンが4台。いずれも高齢者施設に設置され、熱烈な支持を得ているというものだ。

 同社がリハビリ用のゲームマシンの開発に関わって10年。当初はリハビリとしての機能面を重視し、派手な色も音もスコア表示もなくしたが、利用者には不評だったという。エンターテイメント企業ならではの楽しさを提供しつつリハビリに貢献するものをと発想を転換、これらの「リハビリテイメントマシン」の開発につながった。

 あえて、色もデザインもスコアも、すべて普通のマシンと変わらないものにしたが、その一方で、車いすでも利用できる仕様にしたり、押しボタンを足押し式にしたりなどの細やかな配慮が施されている。

 マシンは現在約50施設で導入されているが、非常に好評で、夢中で取り組む姿がみられるようになったという。ボタン操作でお目当てのお菓子などを取り出せるSWEETLAND4は、お孫さんのためにがんばる利用者も多いとか。年齢や障害の有無に関わらず、だれでも楽しいことには意欲的になる。われわれがゲームセンターに遊びに行くように、高齢者がデイセンターに楽しみに行く。そんな新しいリハビリや介護予防事業の可能性を感じさせられる展示だった。
(川崎敦子)



Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22