2004.01.22

【ヘルスケア2004速報】 ナムコ リハビリとエンターテイメントを融合、新しい介護予防の形を提案

 1月21日開幕したヘルスケア2004で、にぎやかな音と来訪者の笑顔がひときわ目立っていたのがナムコのブース。「太鼓の達人」「ワニワニパニック」など、街角のゲームセンターに並んでいるおなじみのゲームマシンが4台。いずれも高齢者施設に設置され、熱烈な支持を得ているというものだ。

 同社がリハビリ用のゲームマシンの開発に関わって10年。当初はリハビリとしての機能面を重視し、派手な色も音もスコア表示もなくしたが、利用者には不評だったという。エンターテイメント企業ならではの楽しさを提供しつつリハビリに貢献するものをと発想を転換、これらの「リハビリテイメントマシン」の開発につながった。

 あえて、色もデザインもスコアも、すべて普通のマシンと変わらないものにしたが、その一方で、車いすでも利用できる仕様にしたり、押しボタンを足押し式にしたりなどの細やかな配慮が施されている。

 マシンは現在約50施設で導入されているが、非常に好評で、夢中で取り組む姿がみられるようになったという。ボタン操作でお目当てのお菓子などを取り出せるSWEETLAND4は、お孫さんのためにがんばる利用者も多いとか。年齢や障害の有無に関わらず、だれでも楽しいことには意欲的になる。われわれがゲームセンターに遊びに行くように、高齢者がデイセンターに楽しみに行く。そんな新しいリハビリや介護予防事業の可能性を感じさせられる展示だった。
(川崎敦子)



Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  2. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:530
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:253
  4. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:252
  5. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:303
  6. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:151
  8. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:39
  9. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:194
  10. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:154
医師と医学研究者におすすめの英文校正