2004.01.22

「ハーセプチン」にHER2発現NSCLC治療への上乗せ効果なし

 上皮細胞成長因子受容体(EGFR)の一つであるHER2蛋白の、過剰発現が確認された非小細胞肺癌(NSCLC)患者を対象とした臨床試験で、標準治療に「ハーセプチン」(一般名:トラスツズマブ)を追加投与しても、治療効果に差が現れないことがわかった。欧州とカナダで行われた無作為化第2相試験の結果で、Annals of Oncology誌1月号に掲載された。

 HER2は、乳癌などの腺癌に過剰発現がみられる蛋白。トラスツズマブはHER2に対する分子標的薬(抗HER2抗体)で、わが国ではHER2陽性の転移性乳癌の治療薬として2001年から販売されている。HER2の過剰発現はNSCLCや大腸癌など乳癌以外の癌にも認められるため、ほかのHER2過剰発現癌にも有効なのではないかと期待されていた。

 ドイツGrosshansdorf病院のU. Gatzemeier氏らは、ドイツ、オランダ、イタリアとカナダの4カ国の医療機関を受診した、病期3B〜4の進行NSCLC患者619人のHER2発現状態を検査。過剰発現(2+または3+)が認められた103人を無作為に2群に分け、標準治療または標準治療+トラスツズマブ投与を行って予後を比較した。標準治療としては、ゲムシタビンとシスプラチンを用いた。評価症例は101人。

 その結果、奏効率はトラスツズマブ追加群(51人)で36%と、標準治療群(50人)の41%と変わらないことが判明。無進行生存期間(PFS)の中央値も、6.1カ月対7.0カ月で変わらなかった。

 ちなみに、103人中6人はHER2が強陽性(3+または2+かつ蛍光in situ ハイブリダイゼーション法=FISHで陽性)だったが、この6人では奏効率が83%、PFS中央値が8.5カ月となり、追加投与による延命効果が期待できる水準となった。しかし、たった6人では確とした結論は出せない。HER2が強陽性だった人はNSCLC患者全体(619人)からみるとわずか1%で、HER2が3+の人だけを集め十分な検出力を持った試験を行うのは、この数字を見ると現実には難しいと言わざるを得ない。

 論文に対する論説では、メシル酸イマチニブ(商品名:グリベック)など他の分子標的薬も、臨床試験ではNSCLCに対する治療効果を示せなかったことに言及。NSCLCでは、過状発現している分子がよい標的にはならない場合があると論じている。

 この論文のタイトルは、「Randomized phase II trial of gemcitabine?cisplatin with or without trastuzumab in HER2-positive non-small-cell lung cancer」。アブストラクトは、こちらまで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3