2004.01.21

【インフルエンザ速報】 動物衛生研究所、養鶏関係者向けにインフルエンザウイルス浸入防止を呼びかけ

 独立行政法人の動物衛生研究所は1月18日、トリインフルエンザウイルスの浸入防止法の概要をホームページに掲載し、養鶏関係者に対して感染に対する警戒を呼びかけている。トリインフルエンザの実態を把握するうえで、自治体関係者などにとっても参考になりそうだ。

 そのなかで、1.踏み込み漕を設置し、ウイルスに汚染した糞などを養鶏場内に持ち込まないこと、2.野鳥やペットの鳥が鶏舎に入らないようにすること、3.野鳥が降りる池の水を鶏の飲水にしないこと、などを注意事項として挙げている。北海道大学獣医学部長の喜田宏氏は、トリインフルエンザウイルスは糞の中は2週間、淡水の湖水中では1カ月間も感染性が維持されるとしており、周辺環境を含めた感染防止の注意が必要になる。

 上記呼びかけを含むトリインフルエンザに関する動物衛生研究所の提供情報はこちらまで。(中沢真也)


■ 参考図書 ■


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132