2004.01.21

【インフルエンザ速報】 動物衛生研究所、養鶏関係者向けにインフルエンザウイルス浸入防止を呼びかけ

 独立行政法人の動物衛生研究所は1月18日、トリインフルエンザウイルスの浸入防止法の概要をホームページに掲載し、養鶏関係者に対して感染に対する警戒を呼びかけている。トリインフルエンザの実態を把握するうえで、自治体関係者などにとっても参考になりそうだ。

 そのなかで、1.踏み込み漕を設置し、ウイルスに汚染した糞などを養鶏場内に持ち込まないこと、2.野鳥やペットの鳥が鶏舎に入らないようにすること、3.野鳥が降りる池の水を鶏の飲水にしないこと、などを注意事項として挙げている。北海道大学獣医学部長の喜田宏氏は、トリインフルエンザウイルスは糞の中は2週間、淡水の湖水中では1カ月間も感染性が維持されるとしており、周辺環境を含めた感染防止の注意が必要になる。

 上記呼びかけを含むトリインフルエンザに関する動物衛生研究所の提供情報はこちらまで。(中沢真也)


■ 参考図書 ■


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 蔓延するE型肝炎ウイルスを侮るな リポート◎年間新規感染者は15万人、免疫抑制下では劇症化リスクも FBシェア数:99
  2. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:749
  3. 「あの医者は検査してくれない」にこう対処 特集◎検査の賢い減らし方《実践編2》 FBシェア数:3
  4. 20歳を過ぎた「スターバースト」には要注意! 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:8
  5. 私がナースに戻ったワケ 病院珍百景 FBシェア数:2
  6. 検査は身体診察による診断の「答え合わせ」 特集◎検査の賢い減らし方《実践編3》 FBシェア数:36
  7. ギプス固定で肺塞栓、当時の医療水準に照らして予防… 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  8. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  9. リコンは本当に多い? カデット特集●医者の離婚 FBシェア数:1
  10. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:25