2004.01.19

【SARS速報】 広東省の疑い例患者二人のSARS診断が確定、計3例に

 中国衛生省は1月17日、1月8日と12日に重症急性呼吸器症候群(SARS)疑い例として発表した広東省広州市の二人の患者について、検査などの結果、SARS確定例と診断したと発表した。広東省のSARS専門家らが17日午前、二人の患者を診察し、臨床症状と検査データ、X線像などから、SARS診断基準に合致するとして確定例の診断を下したもの。広東省における今冬のSARS確定例は計3例となった。

 既に飲食店勤務の20歳の女性は、17日午前中に完治して退院した。この女性に接触があった計100人についても、既に隔離や観察は解除されている。またもう一人の35歳の男性は、依然として隔離治療を受けているが、体温は11日間平熱を保っているという。28人の接触者にも異常は見られておらず、22人は隔離や観察を解除されている。

 中国衛生省のプレスリリースはこちらまで(中国語)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:118
  2. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:640
  3. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  4. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:69
  5. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:288
  6. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:206
  7. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:55
  8. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 高齢者の微熱、実は重篤なケースも 大井一弥の「即解!高齢者薬物治療のピットフォール」 FBシェア数:34