2004.01.19

【インフルエンザ速報】 WHO、新型インフルエンザの警戒レベルをフェーズ0レベル2に引き上げ 

 世界保健機関(WHO)のインフルエンザ共同研究機関である国立感染症研究所やオーストラリアのメルボルン大学の研究機関が明らかにしたところによると、WHOは1月14日、新型インフルエンザに対する対応プランに規定されている警戒レベルをフェーズ0レベル2に引き上げた。

 警戒レベルのフェーズ0は大流行なし、レベル2は新型インフルエンザウイルスによる2例以上の感染が確認されたことを示す。ベトナムで少なくとも14例が感染し、国立感染症研究所などで患者3人(いずれも死亡)の検体から、H5N1ウイルスが検出されたことに対応するもの。WHOは今後対応プランに基づいて、サーベイランスの強化とワクチンや検査キットを急ぐ。

 新型インフルエンザ対応プランは、1999年4月にWHOの感染症サーベイランス・対応部門がまとめた。新型インフルエンザの大流行(パンデミック)の段階をフェーズ1〜5の6段階に分け、各段階でWHOが取るべき行動を規定している。特にフェーズ0(非流行期)については、対応レベルを1〜3と細かく規定しており、大流行に至る前の段階での封じ込めを狙う。フェーズと対応レベルの概要は次のとおり。

フェーズ0:非流行期。新型ウイルスが報告されていない段階
フェーズ0レベル1:感染者からの新型ウイルス分離の第一報が入った段階。
フェーズ0レベル2:新型ウイルスによる二人以上の感染が確認された段階。
フェーズ0レベル3:ヒト−ヒト感染が確認され、少なくとも一つの国で2週間以上の感染拡大が続いた場合。
フェーズ1:大流行開始。一国内での複数の流行、他国への伝搬などが確認された段階。
フェーズ2:複数国で流行が発生し、世界的に拡大する段階。
フェーズ3:初発の大流行終息期。ただし、流行自体は終息していない。
フェーズ4:第2波以降の大流行期。初発の流行から3〜9カ月後に多くの国で再び流行が見られる状態。
フェーズ5:流行終息期(フェーズ0)。過去の流行ではこの段階までには2〜3年を要する。

 新型インフルエンザ対応プランの正式名称は「Influenza Pandemic Plan. The Role of WHO and guidelines for National and Regional Planning」。全文はこちらでダウンロードできます(pdfファイル)。(中沢真也)

■ 参考図書 ■


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  2. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:530
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:253
  4. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:252
  5. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:303
  6. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:151
  8. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:39
  9. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:194
  10. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:154
医師と医学研究者におすすめの英文校正