2004.01.16

【インフルエンザ速報】 台湾でもトリインフルエンザ発生、亜型はH5N2、農水省は輸入停止に

 台湾の政府系通信社であるTaiwan Headlinesなどが1月16日に伝えたところによると、台湾政府は台湾中部の彰化県(Changhua)芳苑郷(Fangyuan Township)の1カ所の養鶏場で、鶏から弱毒株のトリインフルエンザウイルス(H5N2)が検出されたため、同日までに約2万羽すべてを殺処分したと発表した。

 行政院農委動植物防疫検疫局によれば、ウイルスは1月5日に検出されており、委員会は15日に養鶏場の全羽を殺処分することを決定したという。防疫のため、半径1km内にある21カ所の養鶏場では1月7日に立ち入り調査が実施されたが、幸い、感染例は発見されなかった。今後、最低半年間は、半径3km以内の養鶏場は厳重に監視される。台湾では2003年にもH7N7とH5N2の弱毒株が養鶏場で発見されているという。

 日本の農林水産省は1月16日、15日付けでH5N2発生の情報を得て、台湾からの家禽肉などの輸入を一時停止する措置を動物検疫所に指示した。この措置は、台湾でトリインフルエンザの清浄性が確認されるまで継続される。

 農林水産省のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239