2004.01.16

今春の花粉飛散量、関東は例年比5〜30%前後−−気象協会予測

 日本気象協会は1月16日、今春の花粉(スギ/ヒノキ/シラカバ)飛散量と飛散開始時期の予測を発表した。それによると、今年の飛散量は例年(過去10年)の平均値と比べて少なく、飛散量の多かった2003年と比べると大幅に減少する見通しという。ただし九州南部のみ例外として、2003年と同程度か、やや増加する見込みとしている。

 同協会では、前年夏の気象条件が冷夏・日照不足だった場合、花粉生産量は大きく抑制される傾向にあるため、2003年夏が北日本を中心に全国的な冷夏・日照不足に見舞われた今年の花粉量は大幅に減少すると予測。同協会の野外調査による発芽の状況は、例年の平均値と比べて30%前後の地域が大半を占め、局地的には10%以下の地域もあったという。

 ちなみに関東地区の飛散量は例年比5〜30%、近畿地区も同様に5〜30%程度と予測している。ただし例外として、九州南部は冷夏・日照不足など気象条件の影響が少なく、調査でも発芽状況は例年並みで、飛散量もほぼ例年並みか、やや増える見通し。

 あわせて同協会では、飛散開始時期の予測も発表した。目安として1平方cm当たり1個以上の花粉が毎日連続的に飛散し始める時期は、全国的にほぼ例年並みとしている。飛散開始時期は地域ごとに、九州が2月上旬、中国・四国が2月上旬から中旬、近畿・東海・南関東も2月上旬から中旬、北陸・北関東が2月中旬から下旬、東北南部が2月下旬から3月上旬、東北北部が3月中旬以降、と予測している。(井関清経、医療局・医療情報開発)

■ 関連情報 ■
・日本気象協会のWebサイト http://www.jwa.or.jp/
・同協会の「2004年春の花粉飛散について」掲載ページ
 http://www.jwa.or.jp/topics/2004kafunyosoku/index.html

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172