2004.01.16

米国厚生省、SARS感染予防を目的にハクビシンなどの輸入禁止

 米国厚生省(HHS)は1月13日、重症急性呼吸症候群(SARS)の感染予防を目的に、ハクビシンなどジャコウネコ科の動物の輸入を直ちに禁止することを決めた。中国では、小動物がSARSの感染源である可能性があるためだとしている。

 HHSは、SARSの原因であるコロナウイルスが、元々動物からヒトに感染した可能性について懸念しているという。また、ある種の野生動物に接触することで、SARS感染のリスクが高くなるというエビデンスが集まりつつあるとしている。なお、ヒトがそうした野生動物に接することでSARSコロナウイルスへ感染したという事実は今のところ確認されていないという。

 HHSによると、米国では、SARSの可能性例と疑い例は、これまで合わせて192人見つかっているという。そのうち、SARSコロナウイルスが検出されたのは、8人のみ。また、全ての患者で症状は改善しているという。

 詳しくは、HHSによる、ニュース・リリースhttp://www.os.dhhs.gov/news/press/2004pres/20040113.htmlまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:8
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  3. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:100
  4. その消化管出血、本当に抗血栓薬が原因ですか? 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:146
  5. “不思議ちゃん”看護師が職場にいたら うさコメント! FBシェア数:0
  6. DAPT併用にはワルファリンよりNOACが安全 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:4
  7. すっぴん出勤の理由 病院珍百景 FBシェア数:1
  8. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:123
  9. 幼少期の愛情剥奪は長期的な悪影響を及ぼす Lancet誌から FBシェア数:99
  10. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急