2004.01.16

米国厚生省、SARS感染予防を目的にハクビシンなどの輸入禁止

 米国厚生省(HHS)は1月13日、重症急性呼吸症候群(SARS)の感染予防を目的に、ハクビシンなどジャコウネコ科の動物の輸入を直ちに禁止することを決めた。中国では、小動物がSARSの感染源である可能性があるためだとしている。

 HHSは、SARSの原因であるコロナウイルスが、元々動物からヒトに感染した可能性について懸念しているという。また、ある種の野生動物に接触することで、SARS感染のリスクが高くなるというエビデンスが集まりつつあるとしている。なお、ヒトがそうした野生動物に接することでSARSコロナウイルスへ感染したという事実は今のところ確認されていないという。

 HHSによると、米国では、SARSの可能性例と疑い例は、これまで合わせて192人見つかっているという。そのうち、SARSコロナウイルスが検出されたのは、8人のみ。また、全ての患者で症状は改善しているという。

 詳しくは、HHSによる、ニュース・リリースhttp://www.os.dhhs.gov/news/press/2004pres/20040113.htmlまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、大学首位は不動の東京医科歯科 「医師臨床研修マッチング2017」中間結果ランキング FBシェア数:387
  3. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:248
  4. 胃亜全摘術後に胃潰瘍と判明、執刀医が有責 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:4
  5. 「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」… 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:708
  6. ナース時代のすりこみ 病院珍百景 FBシェア数:2
  7. カロナール細粒が10月中旬にも品薄状態に 原薬供給停止の影響で FBシェア数:497
  8. 患者の本音を引き出す質問術 患者の心を開くメディカル・サポート・コーチング塾 FBシェア数:12
  9. 55歳女性。起床後、頻回の嘔吐・下痢 日経メディクイズ●腹部X線 FBシェア数:0
  10. カウンターロックを故障と勘違い プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:2