2004.01.16

米国厚生省、SARS感染予防を目的にハクビシンなどの輸入禁止

 米国厚生省(HHS)は1月13日、重症急性呼吸症候群(SARS)の感染予防を目的に、ハクビシンなどジャコウネコ科の動物の輸入を直ちに禁止することを決めた。中国では、小動物がSARSの感染源である可能性があるためだとしている。

 HHSは、SARSの原因であるコロナウイルスが、元々動物からヒトに感染した可能性について懸念しているという。また、ある種の野生動物に接触することで、SARS感染のリスクが高くなるというエビデンスが集まりつつあるとしている。なお、ヒトがそうした野生動物に接することでSARSコロナウイルスへ感染したという事実は今のところ確認されていないという。

 HHSによると、米国では、SARSの可能性例と疑い例は、これまで合わせて192人見つかっているという。そのうち、SARSコロナウイルスが検出されたのは、8人のみ。また、全ての患者で症状は改善しているという。

 詳しくは、HHSによる、ニュース・リリースhttp://www.os.dhhs.gov/news/press/2004pres/20040113.htmlまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  2. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:309
  5. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 「株主優待」目当ての投資では資産は増えない Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:31
  7. 高齢2型糖尿病患者の薬剤選択、どう判断する? 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:238
  8. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:391
  9. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1639
  10. 起立性調節障害に対する漢方の効果は? 富野浩充の「当直室からこんばんは」 FBシェア数:20