2004.01.16

ベトナムのトリインフルエンザ感染 WHOが「ヒトウイルスの交雑はない」と発表

 世界保健機関(WHO)は1月14日、ベトナムでトリインフルエンザ感染によるとみられる死亡者から検出されたウイルスには、ヒトウイルスの交雑はないと発表した。しかし、同国で多数の死亡者が出ていることと、日本や韓国などアジア一帯でトリインフルエンザが拡大していることを重く見て、速やかにH5N1ワクチン開発の準備を始めるという。

 ベトナムではWHOの支援のもと、年末から年始にかけて重症の急性呼吸器疾患で死亡した3人の患者からトリインフルエンザウイルス(H5N1)を確認した。部分的な遺伝子解析結果によると、すべての遺伝子は本来のトリインフルエンザウイルスに一致しており、交雑によってヒト遺伝子を獲得していないことが判明した。このため、調査の焦点は感染源の特定と、今回のH5N1ウイルスでヒト−ヒト感染が発生しているかどうかに移るという。

 WHOでは、ワクチン製造のために必要な候補株の選定と試薬の開発の準備を始めている。WHO国際インフルエンザネットワークに加盟している各国の研究機関にも近くウイルスと臨床検体が提供され、ただちにワクチン製造に必要なウイルス株の開発が開始される予定だ。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。国立感染症研究所の感染症情報センターによる翻訳記事はこちら。(中沢真也)

■ 参考図書 ■


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. 78歳女性。主訴:激しい胸痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:173
  3. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:146
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:399
  5. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:160
  6. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:606
  7. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:285
  8. いまの医師の好みはベンツよりハイブリッド車 医師1000人に聞きました FBシェア数:207
  9. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  10. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1