2004.01.16

ベトナムのトリインフルエンザ感染 WHOが「ヒトウイルスの交雑はない」と発表

 世界保健機関(WHO)は1月14日、ベトナムでトリインフルエンザ感染によるとみられる死亡者から検出されたウイルスには、ヒトウイルスの交雑はないと発表した。しかし、同国で多数の死亡者が出ていることと、日本や韓国などアジア一帯でトリインフルエンザが拡大していることを重く見て、速やかにH5N1ワクチン開発の準備を始めるという。

 ベトナムではWHOの支援のもと、年末から年始にかけて重症の急性呼吸器疾患で死亡した3人の患者からトリインフルエンザウイルス(H5N1)を確認した。部分的な遺伝子解析結果によると、すべての遺伝子は本来のトリインフルエンザウイルスに一致しており、交雑によってヒト遺伝子を獲得していないことが判明した。このため、調査の焦点は感染源の特定と、今回のH5N1ウイルスでヒト−ヒト感染が発生しているかどうかに移るという。

 WHOでは、ワクチン製造のために必要な候補株の選定と試薬の開発の準備を始めている。WHO国際インフルエンザネットワークに加盟している各国の研究機関にも近くウイルスと臨床検体が提供され、ただちにワクチン製造に必要なウイルス株の開発が開始される予定だ。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。国立感染症研究所の感染症情報センターによる翻訳記事はこちら。(中沢真也)

■ 参考図書 ■


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:104
  2. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:411
  5. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1757
  6. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:314
  8. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:65
  9. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:7